iPhone 6/6 Plus、タッチ操作不能になる可能性あり

私の端末も…。

2014年9月に発表&リリースされたiPhone 6/6 Plus。リリース当時から使っている人の端末が、そろそろ2年モノになろうとしてる今、タッチスクリーンの問題が報告されています。一部のユーザーの間で、iPhoneのタッチ操作の効きが悪くなってきたという声があがっているのです。

iPhone 6/6 Plus、タッチ操作不能になる可能性あり。画面の不具合

グレーの線が入ったiPhoneの画面 / screenshot via iFixit

まずスクリーン上に薄いグレーの線が入り、ついにはどうやってもタッチ操作ができなくなってしまったと。この状態で操作しようとすれば、Siriに頼るしか術はないわけで…。

この報告を検証し、まとめたのはiFixitのJulia Bluff。ギズモードでもよくネタにしていますが、iFixitは新しい端末がリリースされるたびに分解して中身を調べ、修理のしやすさをランク付けして解説するのがお馴染みです。

iFixitはこの症状を「Touch Disease(タッチ病)」と命名。調べてみると、どうやらもうすぐ2年になるiPhone 6/6 Plusに起きている問題だということがわかりました。iFIxitいわく、原因はタッチ操作への反応をつかさどる2つのチップにあるといいます。チップがだめになってしまったり、またはコネクションが弱くなると、タッチ操作に反応しなくなるというわけ。どうやら、タッチ病にかかるiPhoneは、このチップとロジックボードをつなぐはんだが弱くなっているようです。

残念ながら、現時点では、Apple Store&Appleの公式修理サービスは、この問題には非対応。つまり、タッチ病で動かないiPhoneを持ち込んでも有償修理となるということ。

また、タッチ病は、iPhone6/6 Plusリリース当時に大きく騒がれた「ベンドゲート(iPhone 6曲がる事件)」が元凶だともiFIxitは指摘。ボディの曲がりやすさゆえ、お尻のポケットに入れているときの圧力などにボードとチップのはんだが長期間(この場合は2年)の使用に耐えられないのでは、と解説しています。

端末の構造が製品寿命に影響を与えるのは、何も今始まったことではありません。が、それにもしてもベンドゲートから2年後のタッチ病かぁ。また一騒ぎあるのかな…。デスクの上のiPhone 6を見つめて、「あなたは大丈夫?」と心配する今日この頃。

source: iFixit

Alex Cranz - Gizmodo US[原文

(そうこ)