巨大ロボを持つ日本がアメリカを支配する小説「ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン」の邦訳版が発売決定

ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン

大日本帝国が統治する、「日本合衆国」が舞台です。

「ブレードランナー」や「トータル・リコール」、「マイノリティ・リポート」などの映画の原作小説を書いたことで知られる小説家、フィリップ・K・ディック

彼が1962年に執筆した「高い城の男」に影響を受け、ピーター・トライアスさんが「心の続編」として書いた小説「ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン」の邦訳版が、早川書房の新☆ハヤカワ・SF・シリーズから発売されます。

こちらは早川書房 翻訳SFファンタジイ編集部予告ツイート

ディックの「高い城の男」は、第二次世界大戦で勝利した大日本帝国とドイツがアメリカ大陸を分割占領している世界を描いた物語。一方の「ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン」は「パシフィック・リム」よろしく、巨大ロボットを持つ日本のみが支配しているアメリカが舞台となっています。支配される側の怒りにも大きく焦点が当たるようです。

ここで作者のピーター・トライアスさん本人から、日本の読者へ向けたメッセージをいただいたので、ご紹介します。

親愛なるギズモード・ジャパンと読者の皆様へ

フィリップ・K・ディックの本も出版している早川書房から「ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン」が出版されることになり、私の夢が叶いました。

日本の文化は常に私の人生に大きな衝撃を与えてきました。思い返せば、カプコンのゲーム「バイオニックコマンドー」から、世代をまたぐ壮大な物語の「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」(海外では2009年にリリ-ス)や「ファイナルファンタジー」シリーズに至るまで、私のゲーム愛は任天堂とセガによって育まれ、物語の創作やゲーム、映画業界での仕事をするきっかけになったんです。

日本の文学やアニメ、そして映画は私の想像力という真っ白いキャンバスを彩ってくれました。黒澤明や深作欣二、押井守に始まり、他にも桐野夏生、宮崎駿、北野武、大江健三郎、三島由紀夫、木城ゆきと、小玉理恵子などからさまざまな影響を受けました。彼らの作品のおかげで、私は笑って泣いて恐れを押しやることができるようになり、より強い人間になれたんです。

音楽についても同様で、NES時代の8ビット・チューン久石譲の驚きに満ちたサントラ曲、思わず踊りだしたくなるようなJ-POPなどなどにも影響を受けました。

巨大ロボットが表紙を飾る「ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン」にも、その影響は表れていることは伝わるかと思います。

本作では、第二次世界大戦中に開発された重戦車侍の形状で帝国を大規模に具現化したものとを合体させ、帝国の偉大さを象徴させることにしました。そして、その裏では警察が脅威となり得る可能性を取り締まるのですが……物語はその監視の目が行き届かない隙間から始まります。

早川書房とその編集部の方々には、この本を信じてくれたことに感謝します。ギズモード・ジャパン読者の皆さんも、日本の文化が私の心を豊かにしてくれたように楽しんで読んでほしいと思っています。

おまけとして、ピーター・トライアスさんが公開しているオチャメな紹介動画も併せてどうぞ。

彼が表紙や挿絵のアートワークを依頼したのは、「Halo 4」のコンセプト・アートなどを多数手掛けたイラストレーターのジョン・リベルト。まるで特撮映画のポスターさながらのアートワークも見てみましょう。

二体のロボットが激突?

ロボットが撃つ!

日本製のロボット

メンテナンス中?

ディストピアな雰囲気の街

英語版の表紙

一体どんなロボットのバトルが描かれ、大日本帝国がどのようにアメリカを支配し、監視の隙間から何が始まるのか......? アートだけでなく小説の中身もかなり気になります。

「ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン」の発売は、2016年10月6日の予定です。

image: John Liberto
source: Twitter1, 2, YouTube

岡本玄介