もうキャンバスを無駄にしなくてOK! 超リアルな質感の「バーチャル油絵」が登場

NVIDIAとAdobeが開発したアプリ、Wetbrush

まるで本物のキャンバスに描いているみたい。

グラフィックボード開発などで有名なメーカーであるNVIDIAとコンピュータ・ソフトウェアの最大手のAdobeが、3Dペイントアプリの開発のため手を組みました。

このソフトウェアは「Wetbrush」といい、油絵の質感を3Dシミュレーションすることができます。逆立った筆先がキャンバスの上を滑り、どう色を塗りつけていくのかまで表現することも可能。

油絵を近くで観察したことのある方ならわかると思いますが、油絵はカラープリンターから出てきた2D画像のように平坦ではありません。油絵には奥行きと質感があるのです。また、インパストとよばれる技法で画家が意図的に厚みを強調した層を作ることがよくあります。作品にまた違った表情を持たせるのです。フィンセント・ファン・ゴッホの「12本のひまわり」はその代表例ともいえます。

Wetbrushを使うことで、画家たちはタッチスクリーン上でペンを滑らせるだけで質感が本物にそっくりな「バーチャル油絵」を制作できるようになります。ということはもちろん、手を汚す心配もありません

バーチャル油絵を可能にするために2種類の粒子シミュレーションを採用。それにより、このソフトウェアはスーパーコンピュータの力を借りずとも、画家の筆の動きをリアルタイムで計算できるようになっています。

色を塗ることも、そっと軽く描くことも、塗り固めることも、さらには色を混ぜることだってまるで本物のようにできます。油絵を始めてみたいアマチュアの人だけでなく、もっと経験を積んだ芸術家たちにとっても、キャンバスを無駄にせずに大きな作品の試作ができるようになるので重宝されそうです。あとはOculus Riftで自分の耳を切り落とすバーチャル体験をすれば、誰もが2代目ゴッホを語れるようになりますね。

source: NVIDIA via The Verge

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(SHIORI)