ブルブルガタガタ、銃撃を体感させるVRガン「ARENA Infinity」

ARENA Infinity Strike VR

チェーンソウやレーザー銃の溜めもライフルも再現。

VR空間で一人称シューティングを楽しむのに、うってつけのVRガンが開発中です。それがStriker VR社のハプティック(触覚)VRガン「ARENA Infinity」

アサルト・ライフル型のこのガンコンはいくつかのモードを備え、ゲーム内で使用する銃火器のタイプにより振動や効果音が変わる仕様となっています。動画で実際に使用している様子をご覧ください。

こちらはRoad to VRからの動画。使用しているVRガンはまだ試作品とのことです。

ご覧の通り単発の射撃にフルオート連射、それにチャージが必要なレールガンのようなエフェクトやゾンビをブった斬るのが楽しいチェーンソウといったモードに切り替えが可能という充実っぷり。

レトロ・フューチャリスティックなデザインは、コンセプト・デザイナーのEdon Guraziuによるものです。

現段階では、PhaseSpace社とSixense社のトラッキング・システムのみに対応ですが、ゆくゆくはValve社のLighthouseとOculusのConstellation、それにPlayStation Moveでも使えるよう開発を進めているそうです。

ARENA Infinity Strike VR 女性

女性にはやや大きめ?

Striker VR社は今年の第4四半期に行なうコンベンションにて、提携したディベロッパーにこのVRガンとソフトウェア開発キットを配布する予定です。また今後は、さらに幅広く配布ができるようになるそうです。

今のところ「ARENA Infinity」は一般消費者向けには作られておらず、もっとVR環境が整いやすい場所に向けられているという話なので……たとえばアミューズメント・パークや、軍事施設での訓練用とかってことになるのでしょうか?

かつてはPS VR用の自動小銃型「エイム・コントローラー」もご紹介しましたが、いずれにしてもVR空間での銃撃戦を早く体験してみたいです。

image Road to VR

source: Striker VR, YouTube, ARTSTATION via Road to VR

岡本玄介