映画のドラッグをキメるシーンで使われている小道具は一体何?

映画のドラッグをキメるシーンで使われている小道具

謎が解けてスッキリ!

麻薬は違法、喫煙も飲酒もやりすぎは健康に悪い……。とはいえ、映画の中ではどれも頻繁に登場します。俳優の中には麻薬に手を染めたことがある、喫煙者だという人もいますが、反対に健康志向という人もいるんです。

麻薬をキメるシーンも飲酒するシーンも喫煙するシーンもある作品の場合、たとえ役者自身がクリーンであったとしても演じる必要があります。では、そういったシーンは一体どうやって再現しているのでしょうか? 法律に触れていないアルコールやタバコなどは現場に持ち込んでも問題ありませんが、麻薬は……?

そこで今回はLooperがまとめた、映画のドラッグシーンで使われている小道具をご紹介します。

マリファナ

国によっては合法なマリファナ/大麻。俳優の中には「マリファナが大好き」と公言するような人もいますが、現場で使われるのは小道具です。

麻薬の危険性を啓蒙する鬱映画「レクイエム・フォー・ドリーム」やテレビドラマ「LAW & ORDER:性犯罪特捜班」、「レスラー」、「ジャンパー」といった作品の小道具を担当したジェフ・ブッチャー氏がUpvotedに語った内容によると、彼は小道具のために偽物のマリファナを、合法麻薬を取り扱うサイトのInternational Odditiesに注文したそうです。

ブッチャー氏は以前、ドリュー・バリモア主演の「遠距離恋愛 彼女の決断」のボング(水パイプ)シーンのために「ウィザード・ウィード」と呼ばれる、合法のハーバルブレンドをチェーンスモークしました。喉がガラガラになった以外は特に何も起きなかったそうです。

映画に登場する巻きマリファナタバコのほとんどが、ウィザード・ウィードもしくはハーバルタバコを使っています。

コカイン

ジョナ・ヒルは、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」で使われたコカインは、すべてビタミンBで、撮影のために鼻で吸い込みすぎたため、1カ月以上も気管支炎に悩まされたとコメントしています。

こういった粉物ドラッグは、ビタミンBをはじめ、重曹や粉砂糖、粉ミルクなどといった食材を混ぜ合わせて作られるそうです。なかでもハリウッドの小道具係に人気なのが、イノシトール(ビタミンB)と小児用緩下剤とのこと。

「スカーフェイス」の舞台裏映像では、スティーヴン・バウアーが「トニー・モンタナの机は小児用緩下剤で埋め尽くされていた」と語っています。

ヘロイン

偽コカインと同様、ヘロインの代用品に一般的な食材が使われます。しかし、クローズアップの注射シーンは難易度が高いそうです。

The Daily Beastが行ったインタビューによると、ダニー・ボイル監督の「トレイン・スポッティング」で小道具を担当したゴードン・フィッツジェラルド氏は、かすかに着色された水分を人工の腕に注射したそうです。

もちろん、これらの人工腕にはメイクが施され、体毛もつけられ、よりリアルに見せるために血のりも使われています。

タバコ

長年に渡り、映画に登場するタバコは本物が使用されてきました。しかし、タバコがもたらす健康被害と俳優が喫煙している姿に憧れて若者がタバコに手を出す傾向があるという調査結果をもとに、今ではあまり本物は使われていないそうです。

この偽タバコは私たちが想像しているよりもはるかに難易度が高く、小道具担当泣かせ。マリファナの代用品とされるハーバルタバコが選択肢の1つとして挙げられますが、俳優が喫煙を避けたい場合、他のアイテムを探すことになります。

「フライト・ゲーム」でリーアム・ニーソンと仕事をした時のことを話すと、彼は元喫煙者なんだけど、今は嫌煙家。タバコは吸いたくないと言ったんだ。

だから電子タバコを用意したんだけど、結局それは使わなかった。それでタバコを自作したんだ。カモミールティーを入れたマシンを内蔵した手巻きタバコだ。彼はお茶を吸っていたというわけだね。

Upvotedより一部抜粋

また、タバコのシーンは私たちが想像しているよりも面倒で、スタッフはタバコの減り具合を測りながら、次のショットで違和感がないように長さをハサミで調節しています。このタバコの長さの調節が理由で撮影が遅れることも珍しくないそうです。

アルコール

アルコールは合法ですが、撮影中に俳優が酔っ払ってしまうことは避けなくてはなりません。そこで使われるのがお茶です。

ウイスキーなどの色がついたアルコールには、室温のお茶。ビールにはノンアルコールビールが使用されています。ウォッカなどの透明な飲み物にはが、色付きのものにはりんごジュースにイタリアの有名な炭酸水のサンペレグリノを混ぜたものなどが使われるそうです。

ちなみに「アニマル・ハウス」のウイスキーシーンでは、ジョン・ベルーシが本当にウイスキーを飲んでいます。

マッシュルーム

「テネイシャスD 運命のピックをさがせ!」にはマジックマッシュルームを食べるシーンが登場しますが、これは幻覚作用のない一般的なマッシュルームを食べています。小道具係は、よりエキゾチックな形状のものを求めて、アジアンスーパーマーケットまで足を伸ばしたそうです。

ピル

エクスタシーであろうと他の薬物であろうと、ピル状のものはドラッグストアで販売されているピルをそのまま使ったり、プロダクトプレイスメントのルールを侵害しないために着色したりして対処するそうです。

また、手作り感を出したり、より違法っぽい外見にしたりすることも。なお、どのようなピルであろうと、俳優は実際に飲み込むことはありません

メタンフェタミン

映画ではなくドラマですが、AMCが放送した「ブレイキング・バッド」の舞台裏映像によると、本作に登場するメタンフェタミンは氷砂糖を使った手作りだそうです。

水、コーンシロップ、グラニュー糖を熱し、全て溶けるまでかき混ぜ、ブルーの着色料を加えて冷やしてから細かく砕いて完成。小さな食品保存用袋に入れるとそれっぽい雰囲気になるようです。

再現するのはとても簡単ですが、使い方を間違うと面倒なことになるので自己責任でお楽しみください。

image: YouTube
source: YouTube, Upvoted, International Oddities Products, The Daily Beasts via Looper, YouTube1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10

中川真知子