横須賀×ポケモンGO。街全体で楽しめる「ヨコスカGO宣言」発令!

横須賀×ポケモンGO。街全体で楽しめる「ヨコスカGO宣言」発令です!

鳥取に続いて乗ってきた!

鳥取県が砂丘でのポケモンGOのプレイを全力で推すポータルサイト「とっとりGO」を開設したのにはびっくりしましたが、神奈川県の歴史ある港町もポケモンGOに本気です。横須賀市はポケモンGOを通じて、街への理解を深める「ヨコスカGO宣言」と、楽しく遊ぶための横須賀中心市街地「Pokémon GO」MAPを公開しました!

ヨコスカGO宣言 1

横須賀市はこれまでも、ポケモンGO開発元のNianticの位置情報ゲーム「Ingress(イングレス)」コラボレーションを行なってきました。今回のヨコスカGO宣言でも、市民や来訪者がゲームを通じて交流し、街の観光スポットやグルメを楽しめる内容となっています。

横須賀といえばペリーが上陸した浦賀があり、在日米軍の横須賀海軍施設や戦艦三笠の展示など、明治以降の日本の歴史を感じる街です。そして、よこすか海軍カレーやヨコスカネイビーバーガーなど、海軍にまつわる食べ物を楽しめるのも魅力。そんな横須賀でポケモンGOをプレイしながら歩き回れば、ポケモンGO以外の経験値もたくさんゲットできそうですね。

ヨコスカGO宣言 2

ヨコスカGO宣言と同時に公開された横須賀中心市街地「Pokémon GO」MAPでは、街中の観光地やグルメスポットとジム、ポケストップをあわせて一覧できます。マップには横須賀の離島「猿島」のマップもあり、首都圏にいながら、無人島でドキドキのポケモンGOも楽しめるってわけです!

また、横須賀市はTwitterのハッシュタグ「#ヨコスカGO」でも、市内でのポケモンGOプレイを活性化させようとしています。

ポケモンGOやIngressは「自分の足で歩く」というプレイ内容なので、このような地域活性化にはもってこい。今後も鳥取県や横須賀市だけでなく、さらに多くの地域がポケモンGOを用いた、地域活性化ブームに参加しそうですね!

top image by KAI AYASE / shutterstock.com

source: ここはヨコスカ

(塚本直樹)