Alienwareの新型ラップトップPCがVRワールドを切り開く

Alienwareの新型ラップトップPCがVRワールドを切り開く

やってくれると思ってました。

パワフルなゲーミングデスクトップPCやラップトップPCを世に送り出してきたAlienwareブランド。その実力はギズのレビューでもお墨付きです。

そのAlienwareから、同ブランド初となるVR対応のラップトップPCが発表されました。

15インチモデルと17インチモデルの「新型Alienware 15/17」として発表されたこれらのラップトップPCは、もちろんVRヘッドセットに対応。しかもOculusやHTCと共同「次世代のVRヘッドセット」も視野に入れて開発したというのですから、気になるじゃありませんか。現時点ではまだOculus RiftやHTC Viveの次世代となるデバイスは発表されていませんが、これらへの対応もぜひ期待したいところです。

新型Alienware 15/17は黒くてゴツくてパワフルな前モデルとはうってかわり、25%薄型化することでスタイリッシュなデザインを実現。そして内蔵するGPUはNVIDIAの「GeForce GTX 10XXシリーズ」か、AMDの「Radeon RX 470」。またプロセッサはCore i7シリーズとなり、現行世代のVRヘッドセットを十分駆動できるスペックとなっています。こんなデスクトップPCみたいなスペックのラップトップPCが当たり前に登場するなんて、恐ろしい時代だ…。

製品の出荷は今月中を予定していますが、価格や詳細スペックなどは未発表です。これまでのラップトップPCではほとんどの場合、高スペックなGPUを要求するVR体験は諦めざるを得ませんでした。しかし新型Alienware 15/17のように最新GPUがラップトップ製品にも搭載できるようになったことで、ますますVRプラットフォームの裾野は広がりそうです。

source: UploadVR

(塚本直樹)