iOS 10でメッセージアプリが山盛りアップデートされた理由

ステッカーにGIF、送金もできるように。

先日iOS 10リリースされましたが、見た目も機能もわりと大きく変わりましたね。中でもメッセージアプリは今までにないほどてんこ盛りのアップデートとなり、iOSの内なるFacebook Messengerが解放されたかのようです。シンプルだった画面は今、ステッカーとかDigital Touchとかいろんなエフェクトとかで、やたらとにぎやかになっています。

メッセージアプリはこれまで本当にシンプルで、写真を送ったり絵文字を入れたりはできても、せいぜいそれくらいでした。ステッカーを送りたいときや誰かにお金を送りたいときはFacebook Messenger、または他のメッセンジャーアプリの出番でした。でも今、Apple(アップル)のメッセージアプリにはいろんな機能を載ってきて、以前よりずっと複雑です。これからは単にテキストや写真を送るだけじゃなく、URLを入れればリンク先サイトのサムネイルが表示されるし、ステッカーやら、「Digital Touch」で手描きした絵やら文字やら、ハートビートやらも送れるんです。

こんなに一気にあれもこれも盛り込んで、シンプルだったものをカオスにしちゃってるのは、特にAppleとしては異例かもしれません。機能の見せ方も、こうじゃなきゃいけないのかな?と疑問に思う部分があります。とはいえ全体的には、すごく良いんじゃないでしょうか。

今回追加された機能のほとんどは、ユーザー的にはどうしても必要ってわけじゃないかもしれませんが、Facebook Messengerとかにはもうあって、使われているものです。シンプルなのも良いんだけれど、結局多くのユーザーが、多機能なほうに流れているんです。だからユーザー的には必要なくても、Appleのメッセージアプリとしては、WhatsAppとかSnapchatとかFacebook Messengerとの競争上必要だったんです。

ただ、新しい機能を使おうとすると、ところどころでつまずきます。たとえばDigital Touchを使ったメッセージを送ろうとしても、必要以上に面倒です。Appleもたぶんそれに気づいていて、Digital Touchのアイコンをタップすると説明画面が出てくるほどです。

iOS 10 メッセージアプリ 1

また、サードパーティー製アプリと連携させられるのもすごく良いし、すでに対応アプリがたくさんあるんですが、アプリをたくさん入れていると、対応アプリのリストがずらずら出てきます。デフォルトでは、インストールされている対応アプリが全部表示されてしまうからです。どのアプリをメッセージアプリ内で表示したいかはオン・オフできますが、その設定画面にいくにはメッセージアプリのデフォルト画面から必ずしも直感的じゃないアイコンを5回探してタップする必要があるし、オン・オフする作業自体もひと苦労です。

ステッカーが使えるようになったのもうれしいし、すでに無料・有料のステッカーパックがたくさんダウンロード可能です。ただメッセージアプリの中での見え方は、連携するアプリとステッカーパックが並列になっています。感覚的には、ステッカーはあくまでステッカーなので、アプリとは別に独立して扱われるべきだと思うんですが、どうなんでしょうか? 今回のアップデートのインスピレーション源だと思われるFacebook Messengerではそうしてるのに、どうしてこの部分ではインスパイアされなかったのか不思議です。

iOS 10 メッセージアプリ 2

たくさんのアプリ。真ん中の画面では、サードパーティー製アプリとステッカーパックが並列に混ざっていてわかりにくいです。


そんなわけで、いろいろ盛り込みすぎて全体的にごちゃごちゃしてしまった印象はありますが、いいんじゃないでしょうか。友だちにセクシーな絵を描いて送るも良し、GIFを送るも良し。メッセージアプリの中で「Words with Friends」みたいなゲームもできます。

iOS 10 メッセージアプリ 3

この手のことはもう他のメッセージングアプリでもできるんですが、よく使っているメッセージアプリでできる方がうれしいです。それに、こういうFacebook Messengerライクな楽しい機能は、Appleのメッセージアプリが時代遅れにならないためには不可欠でした。

米国以外、たとえば中国では、WeChatがスマートフォンのOSのようになっています。WeChatの中からタクシーを呼んだり友だちに送金したり、音声通話・ビデオ通話、ゲームもできます。Facebook Messengerでも、同じことを米国とヨーロッパで可能にしています。

日本ではLINEがそうであるように、あちこちのメッセージングアプリが、スマートフォンの最重要ポジションをねらっています。さらにFacebookでは、ユーザー自身がしたいことに気づく以前に何を求めているか予測すべく、bot開発で一歩先を行こうとしています。

そうやってApple純正アプリと重複した機能を持つサードパーティー製アプリがどんどん進化して、みんながそっちばかり使うようになってくると、もはやiPhoneを持つ意味がなくなってしまいます。だから多少やっつけ感があるとしても、今回のAppleのメッセージアプリのアップグレードは、Appleの戦略としては正しい方向です。

とはいえ、サードパーティー製アプリに慣れたユーザーがAppleのメッセージアプリでも同じことをするのかどうか、そこはまだわかりません。なので、このアップデートがAppleにとって本当に有意義なものになるのかどうかも何とも言えません。ただ、タイミング的に多少遅かったとしても、何もしないよりはずっと良かったはずです。

Christina Warren - Gizmodo US[原文

(福田ミホ)