「iPhone 7」&「Apple Watch Series 2」特集

iPhone 7のベンチマークスコアが流出? かなりの速さにビビる…

え、こんなに速くなるの?

次期iPhone(通称:iPhone 7)ではデュアルカメラの搭載やイヤホンジャックの廃止などのがありますが、それ以外にも新型プロセッサ「A10」の搭載が確実視されています。

そんなiPhone 7のものとされるベンチマークスコアが流出しているのですが、これがちょっと…いやかなり速いんです。

iPhone 7のベンチマークスコアが流出? かなりの速さにビビる…1

このスコアはベンチマークソフト「Geekbench 4.0」のデータベースに9月4日に登録されました。そのスコアはシングルコアが3379、マルチコアが5495。これは前モデルのiPhone 6sのシングルコアが2392前後、マルチコアが4031前後なのに比較すると、大きなジャンプアップです。大体36〜41%くらいの性能アップですね…これは期待が持てそう。

さらに、このスコアは他のAndroidスマートフォンをも凌ぐ数値です。例えば、Samsung(サムスン)の最新モデルとなるGalaxy S7のExynos 8890プロセッサはマルチコアで5210、そしてGalaxy S7の別モデルに搭載されたSnapdragon 820プロセッサは3820。なおこれらの比較は全てGeekbench 4.0でのスコアとなっており、過去の計測結果とは数値が異なることにお気をつけ下さい。

またスコアを詳細に見ていくと、この端末は「2GBのメモリ」を搭載していることがわかります。そのことから、このベンチマーク結果はiPhone 7 Plusではなく「iPhone 7」で測られたものであるという推測が成り立つんです。

実績のあるアナリストことKGI証券のミンチー・クオ氏によれば、A10プロセッサは2.4GHzと高クロックで駆動(A9プロセッサは1.85GHz)するとのこと。このような高クロック設定と、内部アーキテクチャの改良によってこのような素晴らしい性能が達成できたのかもしれませんね! 実機を触れる日が待ち遠しいです。

ギズモード・ジャパンは、今晩(8日午前2時から)のAppleイベントの情報をリアルタイムで更新します。更新はこちらのページから! なお、Twitter(@gizmodojapan)やFacebook(@gizmodojp)でも情報を発信していきますので、こちらもフォローしてください! ギズモードといっしょに発表を楽しみましょう!

top image by TechTastic

source: Geekbench 1, 2 via BGR

(塚本直樹)