「iPhone 7」&「Apple Watch Series 2」特集

世紀の対決「イヤホン端子 VS ライトニング端子」、勝つのはどっち?

新旧世代交代なるか。

ついに発売されたiPhone 7。いろいろと新しくなった部分はありますが、イヤホン端子の廃止は特に話題となりました。

iPhone 7には、「イヤホン端子がない! 音楽聞けない! キィーッ!!」という方のために、ちゃんと「ライトニング端子対応のEarPods」「イヤホン端子-ライトニング端子の変換ケーブル」が付いてきます

未だiPhone 6s使いの私は、ギズモード・ジャパン編集部に届いたiPhone 7を羨ましげに眺めていたのですが…1つの疑問が生まれました。

俺のiPhone 6sに、イヤホン端子EarPodsとライトニング端子EarPodsを両方ぶっ刺したら、どっちから音楽が流れるの?!

ということで実際に試してみました。今回は公平を期すために、端子に刺す順番を先攻・後攻として、一回ずつ行ないます。そして音楽はApple Musicから流します。

第1ラウンド:イヤホン端子(先攻)-ライトニング端子(後攻)

第1ラウンドはイヤホン端子EarPodsを刺してから、ライトニング端子EarPodsを刺してみました。

音楽を再生してみると…ライトニング端子EarPodsから音が!

結果:ライトニング端子の勝ち

うむ、やはりライトニングか!と思わせますが、まだ早い。

第2ラウンド:ライトニング端子(先攻)-イヤホン端子(後攻)

第2ラウンドでは、先ほどとは逆に、ライトニング端子EarPodsを刺してから、イヤホン端子EarPodsを刺しました。

音楽は…あれ、イヤホン端子EarPodsから聞こえてきたぞ?ということで。

結果:イヤホン端子の勝ち

となると、「引き分け」じゃないですか! はて、これはどういうことなんでしょう。

「引き分け」という結果から判明したこと

はい。これ「引き分け」がどういうことかというと、ただ単にiPhoneはあとに刺された端子を認識するということなんですね。

「なんだよ〜勝負つかねえのかよ〜」という声を漏らしているであろう皆さん、まだ終わりじゃありません。なんとか勝敗をつけたいので、判定に持ち込みましょう。実は勝負を行なう中で、いくつか気づいたことがあります。

ライトニング端子EarPodsはiOS10じゃないと使えない

世紀の対決「イヤホン端子 VS ライトニング端子」、勝つのはどっち?2

まだiOS9のiPhone 6sでライトニング端子EarPodsを刺したところ、「このアクセサリはこのデバイスでは使用できません」との表示が。まあ、iOS9のiPhone 6sでライトニング端子EarPodsを使う機会自体がそもそも少ないでしょうが…。

とはいえこれはライトニング端子、かなり不利なんじゃないでしょうか? もっと融通を利かせてくれないと、イヤホン端子に軍配をあげちゃうよ…。

ライトニング端子EarPodsはイヤホン端子EarPodsよりも長い

世紀の対決「イヤホン端子 VS ライトニング端子」、勝つのはどっち?3

上がライトニング端子EarPods、下がイヤホン端子EarPods

実はライトニング端子EarPodsはイヤホン端子EarPodsより9cm長いのです。これが何を意味するのか…。

考えられるのは、

・今までのイヤホン端子EarPodsの長さだと使いづらいとの声があった。

・iPhone 7の、イヤホン端子がなくなったネガティブ感を、新しいEarPodsは「ほら! 今までより長いよ! 長い!」というポジティブ感で取り戻したい。

・人類の胴から頭までの身長が実は9cm伸びた(というデータをAppleがもっているので対応させた)。

とはいえ、9cm長いことで何が変わるのかは、しばらく使ってみないとわかりませんね。個人的には「長い物には巻かれろ」ということで、いいような気がします。


どちらの端子が優先されるかという勝負は「引き分け」でしたが、総合的にみると個人的にはイヤホン端子に勝ちをあげたい。やっぱり融通が利きますからねえ…。

ただ、iPhone 7がライトニング端子だけになったのは、新たな時代の幕開けかもしれません。未来では、「イヤホン端子? なにそれ。いまはワイヤレスでしょ!」ということもあり得るかもしれませんし、油断は禁物です。

source: Apple

(K.Yoshioka)