時はきた? 新MacBook Air/Proは9月〜10月登場とアナリストが注目報告

新MacBook Air/Proは9月〜10月登場とアナリストが注目報告

もうお金残ってないよ…。

秋のアップル新製品祭りとばかりに押し寄せる、プロダクトの数々。今月16日にはiPhone 7Apple Watch Series 2が発売されたばかりですが、すでにアナリストの報告では新型MacBook Proや新型MacBook Airが9月〜10月に登場すると伝えられています。

調査会社のIHS Markit TechnologyのRhoda Alexander氏によれば、13.3インチと15.4インチの新型MacBook Pro13.3インチの新型MacBook Airの生産は今年第2四半期(4月〜6月)に始まっています。お、現行モデルからディスプレイサイズは変わらないんですね。でも、MacBook Airの11インチモデルはどこにいったのかな?

そして新型MacBookはIntel(インテル)の第6世代Coreプロセッサーとなる「Skylake」を搭載し、最新世代となる「Kaby Lake」はおそらく搭載しません。これは製品の登場タイミングによるものだそうですが…最新プロセッサーを新型MacBookで試せないのはちょっと残念ですね。また新型MacBookにはAMDの「Polaris」ベースのグラフィックプロセッサーが搭載される可能性があります。

以前にもBloombergが「新型MacBook AirはUSB-Cポートを搭載し、新型iMacはAMD製のグラフィックスプロセッサーを搭載する」と報じるなど、その登場が近そうな新Macラインナップ。

その他にも新型MacBook Proはフットプリント(筐体サイズ)の小型化や薄型化、エッジの曲面化、それにフラットなキーボード、そして注目の有機ELタッチバーや指紋認証機能「Touch ID」を搭載するとしています。

ここまで新型MacBook Proが大きく変更されるのだとしたら、それはもはや「MacBook Pro 2.0」とよんでもいいくらいな気がします。このところいろいろと購入していましたが、これが本当に発売されたら物欲を抑える自信がありませんね。

source: Forbes, Bloomberg

(塚本直樹)