セクハラ問題で揺れるApple、震源のチャットログがこちら

セクハラ問題で揺れるApple、震源のチャットログがこちら

レイプ事件から生まれた歌が、ことの発端。

先日、米メディアMicがAppleの「性差別的な、有害な仕事環境」に関するApple社内のメールを入手し、それについて詳細なレポートを掲載しました。

そこで中心に取り上げられているのは「Danielle」さん(仮名)という女性です。彼女いわく、ある朝仕事を始めようとすると、「同僚男性が公然とレイプをジョークにしていた」そうです。それは実際どんなジョークで、その後どう対応されたんでしょうか?

「レイプのジョーク」とは

Micにはこうあります。

DanielleはAppleのエンジニアだ。そして同社の多くの女性と同様、彼女は男性が大勢を占めるチームで働いている。7月のある火曜日の朝、彼女のチームの男性たちが「オフィス侵入者がみんなをレイプしに来る」というジョークを言った。そのとき、Danielleは性的暴行についてのジョークが作り出す、彼女いわく「とても有害な雰囲気」について声を上げようと決意した。

「オフィス侵入者がみんなをレイプしに来る」って発言がなんでジョークなのか、状況がよくわかりません。そこで米GizmodoではDanielleさんが不快に思った会話、厳密には社内チャットのスクリーンショットを入手しました。それを見ると、問題のやり取りが始まったのは、ある人がネットでミーム化した「Bed Intruder Song(ベッド侵入者の歌)」に言及したときでした。

「Bed Intruder Song」は2010年、Antoine Dodsonさんの妹がレイプ未遂に遭ったとき、Dodsonさんがインタビューに答えたTVの映像を元にできた曲です。一般の人がTVに出ると、全然笑うところでも何でもないのに、その人の存在感とか話し方が強烈な印象に残ってしまうことがときどきありますが、Dodsonさんがまさにそれでした。

Dodsonさんのトークはニュースをネタに音楽を作るグループThe Gregory Brothersの目に止まり、Bed Intruder Songが生まれました。上がその動画。こちらはYouTubeで1億3300万回以上視聴されていて、シングルとしてリリースされたときにはビルボードで89位に入りました。

…というところをお含みおきつつ、以下のやり取りをご覧ください。個人が特定できないよう名前の部分は「削除」としています。以下の部分は、Danielleさんの同僚の男性複数人のやり取りのようです。

セクハラ問題で揺れるApple、震源のチャットログがこちら 1

8:53:41 AM (削除):(削除)が「ビルの中に不明な人物がいる」って注意してくると、Bed Intruderの歌を思い出しちゃうのって、俺だけ?

8:54:47 AM(削除):奥さんを隠せ?

8:54:57 AM(削除):子どもを隠せ

8:56:02 AM(削除):あー、もうお前だけじゃないよ

9:56:13 AM(削除):#勝った

9:02:13 AM(削除):ウケる。俺の頭からも離れないよ!

「奥さんを隠せ」「子どもを隠せ」というのは、Bed Intruder Songの歌詞の一部です。そしてこの後Danielleさんが登場してきます。元の画像ではDanielleさんの部分も含めて名前部分が削除されてるのですが、ここでは読みやすさのためにDanielleさんの発言と思われる部分に「Danielleさん」と入れておきます。また最初の発言の長い削除部分は、Apple社内のコードに関する情報だそうです。

セクハラ問題で揺れるApple、震源のチャットログがこちら 2

9:11:10 AM Danielleさん:レイプが出てくる歌の話をする必要ないよね

9:12:04 AM(削除):まあそうだね

9:13:39 AM Danielleさん:しかもそれをジョークにするって。-_-

9:18:25 AM Danielleさん:朝イチに社内チャットでレイプをジョークにしてる人を見るなんて、やる気が起こらない

9:18:46 AM(削除):申し訳ない

9:33:18 AM Danielleさん:まったく許せないし、雰囲気が最悪になる

9:36:45 AM(削除):もちろんそんなつもりはないよ。申し訳ない。

9:37:24 AM Danielleさん:私はこの組織で唯一の女性だし、複数の男性が、社内チャットで、レイプのジョークを言っていることを考えると、

9:37:32 AM Danielleさん:そういうつもりじゃなくても許せない

クックCEOにも直訴

上記は些細なやり取りのように見えるかもしれませんが、Micの記事によれば、DanielleさんはAppleでそれまで何度も女性にとって不快な状況を経験していたそうです。なのでこのチャット単体が良いか悪いかということじゃなく、たまっていたものがこれで爆発したということなのでしょう。

そこでこのやり取りがあった次の日、DanielleさんはAppleのティム・クックCEOに直訴メールを送ることにしました。その中身が以下です。こちらもまた、個人が特定できる情報は削除しています。また上の社内チャットログもメールには入っていました。

クック様、

私は(削除)の下の(削除)部門の(削除)チームでずっと唯一の女性です。(削除)がチームの責任者で、下には30人以上がいます。私は、採用方法を改善してこの状況を変えよう、カルチャーを改善しようとしてきました。

ただ昨日、私は社内チャットでレイプのジョークに出迎えられました。

(チャットログのテキスト)

この曲をご存じないかもしれませんが、以下がその歌詞です。

「あいつは窓にのぼってる
お前の家の人をつかまえようとしてる
レイプしようとしてる、だから
子どもを隠せ、奥さんを隠せ、
子どもを隠せ、奥さんを隠せ、
子どもを隠せ、奥さんを隠せ、
あとだんなも隠せ、だってやつらは誰でもレイプしちゃうから」

私は、レイプをジョークにする人物を許容するような企業では安心できません。(削除)私はAppleの中で、*信じられないほど*危険を感じます。カルチャーが有害だとマネージャーに何回もエスカレーションしようとしましたが、何も起こっていないようです。

社内チャットでのレイプジョークは、基本的に、私にとって完全に限界を超えていると思います。誰かが何かをばかにすることは私にとって*信じられないほどの*傷となっていて、なるべくそういうことがないほうがいいと思っています。実際過去に、性的暴行を受けたことがあるからです。

Danielleさんはこの後、1カ月の休暇を与えられました。でも職場復帰したその日、彼女はクック氏にメールした内容と一緒に、こんなメッセージをチーム全員に送ることになりました。

で、私にわかる範囲では、この1カ月間深刻な結果は何も起こらなかったのね。

ってことは、普通と同じように仕事に戻れってこと? 何も変わらず? 私はPTSDトリガーのせいで1カ月休んで、仕事はいつも通りっていう。

素敵ね。

氷山の一角

もちろんDanielleさんの話は、Micがレポートした事案のひとつにすぎません。MicはAppleの現・元社員複数人の50ページにわたるメールを入手したそうで、記事で紹介されているメール内容を見るとたしかに、Appleでの女性の扱いには問題があるようです。

Micで例にあげられた事案は、たとえばこうです。ある女性は「女性は口うるさいもの、とステレオタイプにあてはめるような」男性が1ダースも並ぶ会議に出席したところ、男性たちがみんな妻やパートナーを見下しているという話になり、居心地の悪い思いをしたと言っています。

また、別の女性が職場環境についてAppleに苦情を言ったところ、調査が入って、たしかに厳しい環境だと認められました。が、会社はそれを改善しようとするのではなく、彼女にその部署にとどまるか、給与も地位も低いポジションに異動するかの選択を迫ったそうです。

Appleの環境を不快に思っているのは女性だけじゃないようです。ある男性社員は、「感情的だ」という意味で「女みたい」と言われ続け、「男の生理中」と言われたこともあったそうです。

Danielleさんはその後?

米GizmodoはDanielleさんにメールしましたが、この記事執筆時点で回答はありません。一方、彼女と同じチームのある人物は米Gizmodoに対し、Micのストーリーの他の事案は「ある程度正確かもしれない」が、「この件を『デザートの上に乗ったチェリー』のように使うのはまったく間違っている」と言っています。その人物はメールで、Bed Intruder Songに言及したことを擁護し、「今はみんな、オフィスが地雷だらけであるかのようにふるまっている」と言っています。

「そもそもこの曲が出てきたとき、米国中の報道機関がこのBed Intruder Songをニュースで流したんです」とその人物は言います。「それはTV番組『Tosh.0』にも出てきたし、よく知られたミームです。特に『子どもを隠せ、奥さんを隠せ、夫を隠せ』ってところがポイントで、そんなにレイプの歌というわけじゃないんです。」

なので少なくともこの男性は「大したことじゃないじゃん、そんなに騒ぐなよ」と思ってるみたいです。でもたぶん問題は「大したことかどうか」じゃなくて、異質な人たちが働いてる環境ではこういう受け取り方の相違がつきものなのに、会社として対応に手が回りきってないように見えることだと思われます。

Appleの広報担当者は米Gizmodoに対し、Danielleさんの1カ月の休暇はクックCEOが個人的に与えたものではないが、Danielleさんが送ったメールに対しては「人事的対応」をしてもよかったとしています。

Appleの別の広報担当者は、米Gizmodoに以下のような声明を送っています。これはまあテンプレートですね…。

Appleは、すべての人を威厳と敬意をもって扱うことを誓っています。苦情を受けたり、従業員が職場環境に懸念を持っていると聞いたりしたときには、我々はそれを非常に深刻に受け止め、言われた内容を徹底的に調査します。我々の価値観とは逆の行為を発見した場合には、我々は行動を起こします。従業員のプライバシーを尊重するため、特定の事態やその結果についてはここでは触れません。

Appleに限らずシリコンバレーの企業、特にエンジニア部門では、女性比率の低さが課題になっています。Appleでは最近女性の採用を増やしているようですが、だからこそこういう問題も増えてきているのでしょう。

というか、「女性がセクハラだと思うことを男性はそう思わない」とか「Aさんは大丈夫と思うことでもBさんは断固拒否する」とかは、世の中にあふれています。こういうことって、Appleも他の会社も投資しまくっている人工知能で、ある程度解決できないんでしょうかね〜。

source: Mic

William Turton - Gizmodo US[原文

(福田ミホ)