これがApple Watch 2の部品? 手にとって、詳細に測って感じる期待の実現

実際の計測から、高まるうわさのリアリティ。

今晩のアップルイベントで発表されそうな、Apple Watch 2。アップグレードについていろいろなうわさがありますが、MacRumorsによると、Apple Watch 2の部品を手に入れたとするリペアパーツショップのByteが詳細な測定結果を公開しています。

まずディスプレイ部品の厚さの比較ですが、Apple Watch 2は2.12mm〜2.86mmです。Apple Watchが2.99mm〜3.57mmなので、かなり薄いことがわかりますね。

ディスプレイの寸法に関しては39.47mm×33.43mmと、Apple Watchの38.74mm×32.65mmに比べて若干大きいことがわかります。この違いが画面サイズの違いにつながるのかは不明ですが、小さな違いなので関係ないのかな?

れがApple Watch 2の部品? 手に取って、詳細に測って感じる期待の実現

さらにバッテリー部品のサイズを計測してみると、Apple Watch 2の長さ27.50mm×幅18.71mm×厚さ5.11mmにたいし、Apple Watchは長さ27.46mm×幅18.42mm×厚さ3.95mm。やはりApple Watch 2のバッテリーのほうが全体的にサイズアップしていますね。

実は以前にもApple Watch 2のものとされるバッテリー部品が流出したことがあり、その時は35.7%の容量アップが確認されています。これだけバッテリー容量が増えれば、普段使いや1日以上の持ち運びでもかなりバッテリーが持ちそうですね!

また動画ではサイズの違いだけでなく、Apple Watch 2の水の侵入を防ぐガスケットも紹介されています。Apple Watch 2では耐水性能の向上うわさされていますが、どうやらそちらも現実となりそうですね! Gショック並…とは言いませんが、ダイバー系の腕時計くらいの耐水性能は実現できるかな?

ギズモード・ジャパンは、今晩(8日午前2時から)のAppleイベントの情報をリアルタイムで更新します。更新はこちらのページから! なお、Twitter(@gizmodojapan)やFacebook(@gizmodojp)でも情報を発信していきますので、こちらもフォローしてください! ギズモードといっしょに発表を楽しみましょう!

source: MacRumors

(塚本直樹)