スマホでラクラク、数秒で完成。ARコンテンツ制作プラットフォーム「Fyusion」が登場

スマホでラクラク、数秒で完成。ARコンテンツ制作プラットフォーム「Fyusion」が登場

え、こんなに簡単でいいの!?

ARやVRは次に流行る産業の筆頭といえる分野になっており、目下コンテンツの拡充が急がれます。そんな需要に応えるべく、Fyusionは新たにARコンテンツ制作プラットフォームを公開しました。

このようなARコンテンツに関するプラットフォームは他にも存在しますが、Fyusionのシステムはどんなモバイルデバイスでもコンテンツが作れることをアピールしています。具体的にはスマートフォンからイメージを読み取り、たった数秒で3Dホログラムに変換できるというのです。

Fyusionが公開した動画を見ると、スマートフォンで対象物の周りを回りながら撮影して変換するだけで3Dイメージができあがる…と、まるで魔法みたいな簡単さですね! ARってこんなにお手軽にできるんだ…。

そしてMicrosoft(マイクロソフト)のHoloLensのようなARゴーグルを装着すれば、あなたの目の前に3Dモデルが浮かび上がります。こうやってポケモンGOがプレイできたら、もっと楽しそうなんだよな〜。ARやARヘッドセットはまだまだ発展途上の分野ですが、今後どのように成長していくのか要チェックですよ!

source: VentureBeat, UPloadVR

(塚本直樹)