軽快&映りよし! ニコンのエントリーデジタル一眼「D3400」実写レビュー

軽快&映りよし! ニコンのエントリーデジタル一眼「D3400」実写レビュー 1

思った以上によかった。ほんとに。

9月16日に発売されるニコンのエントリーデジタル一眼レフの新機種「D3400」。小さいのによく写る機種として、ファミリー層を中心に人気のあるD3000シリーズの最新機種です。

基本スペックは、APS-CサイズのローパスレスCMOSセンサーを搭載。有効画素数は2416万画素。ISO感度は100〜25600です。

まずは外観から

軽快&映りよし! ニコンのエントリーデジタル一眼「D3400」実写レビュー1

背面液晶は3型の約92万画素のTFT液晶。固定式となっています。ボタン類はD5500とは違い、本体左側にも配置されています。レイアウト的にはD750などに近くなっています。

軽快&映りよし! ニコンのエントリーデジタル一眼「D3400」実写レビュー2

ダイヤル部。モードダイヤルには撮影シーンを画面上で選択できる「GUIDE」の文字が見えます。どういう風に撮影したらいいのかわからなくなったら、「GUIDE」を選ぶとD3400が教えてくれます。

本体サイズはW124×H98×D75.5mm、重量は約445g。正直、軽い。ミラーレス一眼並みの軽さです。

本体は小ぶりです。男性の手にはちょっと小さいかもと思っていたのですが、グリップが深めになっているので、意外と持ちやすいという印象。手に持ってぶらぶら歩くのにちょうどいい感じでした。

持った感じは、「悪くない、いやむしろいい!」というところです。

さっそく実写!

ということで、撮影した画像を見ていただきましょう。レンズは同時に発売される「AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR」と「AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR」、そして「AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G」を使用しました。

軽快&映りよし! ニコンのエントリーデジタル一眼「D3400」実写レビュー3AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR 31mm相当 ISO100 絞り優先モード F3.8 +0.7 スタンダード

風車を下からあおり気味で撮影。ローパスレスセンサーのおかげか、細部までしっかり解像されています。雲のグラデーションもいい感じに描写されています。

軽快&映りよし! ニコンのエントリーデジタル一眼「D3400」実写レビュー4AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR 82mm相当 ISO100 絞り優先モード F5.6 +1.0 スタンダード

ねこじゃらしを逆光気味に。レンズの望遠側開放では、若干描写が甘くなるかも。

軽快&映りよし! ニコンのエントリーデジタル一眼「D3400」実写レビュー5AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR 315mm相当 ISO900 絞り優先モード F6.3 +0.3 スタンダード

色鮮やかな紫の花。発色はやや鮮やかな傾向。

軽快&映りよし! ニコンのエントリーデジタル一眼「D3400」実写レビュー6

AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR 345mm相当 ISO900 絞り優先モード F6.3 露出補正なし スタンダード

休憩中の鴨4羽。ピントを合わせた手前の鴨の描写がシャープです。

軽快&映りよし! ニコンのエントリーデジタル一眼「D3400」実写レビュー7

AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR 51mm相当 ISO360 絞り優先モード F5.6 露出補正なし シーンモード(ビビッド)

シーンモードの「ビビッド」を使用。かなり鮮やかな発色になりました。奥のボケている部分が絵画のようです。

軽快&映りよし! ニコンのエントリーデジタル一眼「D3400」実写レビュー8AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G 52mm相当 ISO360 絞り優先モード F2.8 ー0.3 スタンダード

道端に生えていたケイトウを撮影していたら、小さなアマガエルが雨宿りしていました。かわいい。

軽快&映りよし! ニコンのエントリーデジタル一眼「D3400」実写レビュー9AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR 82mm相当 ISO12800 絞り優先モード F11 ー0.3 スタンダード

レンズを変更して撮影。このレンズは最短撮影距離がズーム全域で25cm、最大撮影倍率0.38倍。簡易マクロ撮影にも使えて便利です。ISO12800での撮影で、暗部に若干ノイズが見られますが、実用的な画質と言えます。アマガエル君、撮影に協力してくれてありがとうございました。

いろいろ撮影しましたが、取り回しがよく画質も上々。キットレンズの「AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR」「AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR」も使い勝手がよく、D3400とこの2本のレンズがあれば、ほとんどのシーンに対応できるでしょう。

また、AFが予想よりも快適でした。合焦速度が速いだけでなく、ピントを外したあとに再度合わせ直したときも素早いため、あまりストレスを感じませんでした。

うーん、普段使いにいいカメラかもしれません。

待望の「SnapBridge」が快適

軽快&映りよし! ニコンのエントリーデジタル一眼「D3400」実写レビュー10

D3400は、Wi-Fi非搭載ですが、Bluetooth接続が可能。そして、専用のスマホ/タブレット用アプリ「SnapBridge」(iOSAndroid)を使用すると、撮影した画像をBluetooth経由でスマートフォンやタブレットへ自動的に転送することができます。

軽快&映りよし! ニコンのエントリーデジタル一眼「D3400」実写レビュー11

画像サイズは200万画素にリサイズされますが、画像が常にスマホやタブレットに転送されるのはとても便利。スマホに転送された画像は、SNSなどに投稿することもできますし、ニコンのクラウド画像共有サービス「NIKON IMAGE SPACE」にアップロードを自動的に行なうこともできます。しかも200万画素の画像なら容量無制限! なんという太っ腹なんでしょう。

デジタル一眼で撮影した写真を、その場でTwitterFacebookにアップロード。スマホの写真とは一味違う投稿に、みんなが驚くかもしれませんね。

なお、Wi-Fi搭載のD500などの機種ならば、SnapBridgeからリモートシャッターも可能になります。

初心者から上級者まで幅広く使える

軽快&映りよし! ニコンのエントリーデジタル一眼「D3400」実写レビュー12AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR 63mm相当 ISO100 シャッター優先モード 30秒 スタンダード

D3400は、エントリークラスのデジタル一眼レフです。初めてのカメラとして使いやすいのはもちろんですが、すでにデジタル一眼レフで撮影を楽しんでいる中級者や上級者のサブ機としても向いていると思います。

なんせ軽いですし、写りはクラスを超えた高画質。色味もJPEG撮って出しで満足できるほどよい鮮やかさで、満足できます。

もちろん、RAWで撮影してじっくり現像することも可能。そう考えると、普段使いから作品作りまで、幅広く使えます。

ニコンダイレクトの価格は、D3400本体が6万4,800円。18-55 VRレンズキットが7万5,600円、D3400ダブルズームキットは10万5,300円(すべて税込)となっています。

記録だけじゃない、記憶に残る写真も撮れるD3400。コストパフォーマンスに優れたいいカメラじゃないですかね。どうです、1台?

source: ニコン 

(三浦一紀)