大型トラックの後方扉に広告!? 電子ペーパーを取りつけたら移動する広告塔になっちゃった

大型トラックの後方扉に広告!? 電子ペーパーを取りつけたら移動する広告塔になっちゃった

トラックの後ろを走りたくなる?

車高が低い乗用車を運転している人にとって、前方の視界を遮る大きなトラックの後ろを走るのはつらいことです。できるなら、早く追い越してしまいたいものですし、違う行き先に曲がってくれるとラッキーだなって感じるのはボクだけではないはず…。

ドイツ国内だけでも、約280万台ものトラックが走っています。それを後ろから眺める人は、ページビューにすれば1台につき毎日5万ビューにも達します。

こんなふうに語り、もっとトラックの後方扉を活用できないものかと新プロジェクトに乗り出したのは、RoadAds Interactiveでマネージング・ディレクターを務めるAndreas Widmann氏です。Mercedes-Benz(メルセデス・ベンツ)とデジタルサイネージ開発企業のVisionectと提携し、トラックの後ろへ、リアルタイムに情報を映し出す電子ペーパーのビルボードを設置するマーケティング戦略が立ち上げられましたよ!

トラックのドアパネル全体を覆う、縦長の巨大なデジタルサイネージが設置されているように見えますけど、実は4枚の32インチ電子ペーパーディスプレイ(E Ink)がつなぎ合わさってできています。

4G LTE通信機能やWi-Fi、GPSも標準装備されており、トラックが走るエリアや時間帯に応じた広告内容へリアルタイムに表示が挿し変わっていくほか、交通情報や天気予報など、後ろを走るドライバーのためになる各種インフォメーションの提供も行なわれるそうですね。

走行中の車に広告を備えつけることは、大きな潜在力があります。これをビジネスにしない手はありません。

Widmann氏は、こんなコメントを出しながら、IP65レベルの防水防塵性能で全天候型の電子ペーパーディスプレイ広告を搭載するトラックのパイロット走行が、今年11月よりスタートする計画になっていることを明らかにしました。道路交通法上の問題がないことなどが証明されると、来年6月には、1,000台のトラックで一気に路上へ新広告マーケティングを本格展開する予定なんだとか。

ちなみに、白黒の電子ペーパーディスプレイは地味なようにも思えますが、ドライバーの気を不必要にそらさず、屋外でも紙面広告のように見やすいというメリットが、逆に強調されています。Samsungが巨大なカラー液晶ディスプレイをトラックの後ろに装着したアプローチとは対照的ですね。

消費電力の少ない電子ペーパーならではの特性として、わざわざトラックにディスプレイ専用の電源を備える必要がなく、自動車のバッテリーからの電力供給のみで全運用をまかなえると説明されていますよ。夜はちょっぴり宣伝効果が薄れそうですけれど〜。

通りすがりに一瞬だけ目に入る道端の広告とは異なり、意外と前を走る車の後ろって、長い時間をかけて見つめているものです。そのスペースを魅惑の広告塔に変えるアイデアは、車社会には大いに効果的かもしれません。そのうち日本国内でも目にする時代がやってくるかな?

source: Visionect via Gizmag

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(湯木進悟)