株価低下、ロケット爆発。そして7億8000万ドルの資産も失ったイーロン・マスクの悪夢

株価低下、ロケット爆発。そして7億8,000万ドルの資産も失ったイーロン・マスクの悪夢

宇宙規模のナイトメア。

先週、打ち上げ準備中に爆発事故を起こしたSpaceX(スペースX)のFalcon 9。ロケットを失ったSpaceXのCEOイーロン・マスク氏ですが、失ったものはこれだけではありません。7億8000万(約780億円)ドルも失っていました…。

ネタ元のBloombergによれば、マスク氏はロケットの爆発が起きた1週間前に資産の7億7900万ドルを失ったといいます。

その大きな原因はロケット事故ではなく、マスク氏が経営する他の会社SolarCityとTesla Motors(テスラモーターズ)の株価ダウンでした。Teslaは4%、SolarCityは9%下落。両社とも資金難に直面していると言われており、その解決策として統合(TeslaがSolarCityを買収)という動きが考えられていますが、株主からは大きな不満がでている状態。先週水曜の定例報告で、マスク氏がこの2社の株、4億8900万ドル分を個人借り入れとしたことが明らかになり、書類上ではマスク氏の資産がその分減ったという状況に。

TeslaとSolarCityの運営に頭を悩ませ、買収に奔走し、やっと順風満帆に見えたSpaceXのロケットが爆発…。常人では計り知れない状態にいるイーロン・マスク氏。いや、ビリオネアと呼ばれる人々は、一瞬で何億ドルという資産を溶かしたとしても立ち直れるという話も。

いつか、これを思い出して「あれがターニングポイントになった」と語る時はくるのでしょうか。その時、マスク氏はどういう状況にあるのでしょうか…。

image by Jag_cz / Shutterstock.com

source: Bloomberg via BGR

Sophie Kleeman - Gizmodo US[原文

(そうこ)