185度の「全天周」で撮るビートボクサー&DJコラボを神視点ビデオエディット

Sponsored

映像も自由自在にMIXできるんですよ。すごくない?

カメラ部とモニター/コントローラー部が分離する設計によりフリースタイルな撮影が可能なCASIO EXILIMシリーズに、周囲185度をとらえられる「全天周」レンズがついた「EX-FR200」が登場しました。

185度の「全天周」で撮るビートボクサー&DJコラボを神視点ビデオエディット 1

コヤツ何がすごいって、専用アプリの「EXILIM ALBUM」と組み合わせることで、1台で撮った「全天周」動画から好きな2カ所(静止画は3カ所)を切り出して1つの動画として楽しめます。

185度の「全天周」で撮るビートボクサー&DJコラボを神視点ビデオエディット 2

左が動画の切り出し、右が静止画の切り出し。

さらに、2台のFRシリーズで同時撮影した動画を1つの画面でまとめて見られたりするんです。

記事一番上の動画をご覧ください。DJブースのサイドから超々広角魚眼な「FR200」をセットし、真上に超広角な「FR100」をセットして撮影したこの作品を!

00分47秒からは「FR200」1台で撮った映像を「EXILIM ALBUM」で切り出してMIX、01分22秒からは「FR200」と「FR100」で同時撮影した映像をMIXしています。楽しく撮影するだけではなく、だれもが「かっこいい!」と「いいね」してくれそうな作品をアウトプットできるという性格は、いままでのデジカメにはなかったものですね。

今回ご登場いただいたのは「DMC World DJ Championships」でチャンピオンにもなったDJ IZOHさんと、日本の代表的ビートボクサー太華さん。タフでアウトドアに強いといわれているFRシリーズですが、あえて!普段見ることのできない角度から両人のパフォーマンスをお届けしました。

「FR200」の楽しさを倍増させる「EXILIM ALBUM」

前述のように「EXILIM ALBUM」は、「FR200」や「FR100」で撮った素材をさっと料理できるだけでなく、それをアプリ上からSNSにポストできる手軽さも魅力です。

185度の「全天周」で撮るビートボクサー&DJコラボを神視点ビデオエディット 3

左が「タイムライン」、右が「ハイライトムービー」。

またアルバムを作って楽しむこともできます。スマホに保存されている動画や静止画の中から自分の好きなものを選ぶだけでアルバムが完成。日時ごとにまとまった動画や静止画をスクロールしながら振り返られる「タイムライン」表示ができあがり、しかも自動スクロールさせた動画として保存/SNSへのポストも可能。

さらに、選んだ動画や静止画を、テンポよくトランジションしながら1つの動画にまとめてくれる「ハイライトムービー」機能も搭載。もちろんこちらもSNSへポストできます。

「ライフログ」カメラとしてパーフェクトな「FR200」

185度の「全天周」で撮るビートボクサー&DJコラボを神視点ビデオエディット 4

Outdoor Recorder」というキャッチコピーから想像できるように、「FR200」にはタフな性能も備わっています。すなわち、防水・防塵・耐衝撃。ギョッと突き出ている魚眼レンズの扱いには注意が必要ですが、モニター/コントローラー部と切り離して使える仕様を生かして、海でも山でも絶景でも、フリースタイルなアングルで目の前にあるシーンを撮影できます。

またBluetooth Smart対応スマートフォンには撮影した画像を自動転送できますし、4K 30fps/フルHD 60fps(※超広角モードのみ)も撮影可能。カメラ部分のみも「EX-FR200CA」として販売されるので、2つカメラを背中合わせに組み合わせて360度の世界をとらえる「全天球」動画も撮影できます。

どこにでも持ち出せて、超々ワイドな世界を記録し、後から好きな部分だけ切り出して楽しめるとなれば「ライフログ」カメラとしてもパーフェクト。日々の、そして旅のお供に「FR200」は最適ですよ。

source: CASIO EXILIM EX-FR200

(文:武者良太、映像制作:小原啓樹)