「ナパーム弾の少女」をポルノ認定で削除してしまうFacebookって…

「ナパーム弾の少女」をポルノ認定で削除してしまうFacebookって…

トトロの入浴シーンもカットされる国だからなぁ…

ニック・ウトが1972年、南ベトナム軍のナパーム弾を浴びて全裸で逃げ惑う少女を捉えた写真「ナパーム弾の少女」は、世界をベトナム反戦運動に駆り立て歴史を動かした1枚としてあまりにも有名ですが、この名作をノルウェーの作家トム・エゲランドさんがノルウェイ最大の日刊紙「Aftenposten」の特集で紹介したところ、Facebookにあっさりポルノ認定され速攻削除されてしまいました。どびょ~ん。

「削除するかボカシを入れてください」という警告に日刊紙はカンカン。怒りが伝播したノルウェイのErna Solberg首相(SNSが得意)がじきじきに、同じ写真をフェイスブックに投稿して厳重抗議したのですが、それもあえなく削除。ついにはEspen Egil Hansen同紙編集長が一面でマーク・ザッカーバーグCEO宛てに公開質問状を掲載し、首相も検閲後の写真を投稿する援護射撃を展開。その騒ぎをガーディアンが取り上げて世界に波紋が広まりました。

「ナパーム弾の少女」をポルノ認定で削除してしまうFacebookって…2

怒る!Espen Egil Hansen編集長

Facebookは最初こんな声明を発表し、あくまでも検閲を押し通すスタンスでした。

「名作なのはわかるが、児童ポルノか否かの区別は難しい。表現の権利と世界中のメンバーの安全・節度ある体験の両面が確保できる着地点を見出すよう努めている。毎回完璧な解決とはいかないが、今後もポリシーと適用の改善に努めていく」

まあ、これが自動削除ならしょうがない面もありますけど、ガーディアンのJulia Carrie Wong記者によると、「投稿はアルゴリズムによる自動削除ではなく、ユーザーが違反報告後、社内の審査で削除するかどうかを決めている」らしいのですね。つまりFacebookの中の人がこのPhan Thị Kim Phúcさん(当時9歳。服はナパーム弾に焼かれた)を見て、自分の頭でポルノと判断したことになります。いやあ…。

Facebookの検閲の是非が問題になったのは今回が最初ではありません。去年も死者12名を出したシャルリー・エブド襲撃事件のあとに一部イスラム教で掲載が禁じられているムハマドの画像を削除の対象にしました。いちおうトルコの裁判所からの命令ということでしたが、ザッカーバーグCEOの事件後の投稿が襲撃支持臭いと騒がれて、だいぶ干されました。

ただ今回のニック・ウトの写真は、さすがにまずいと気づいたんでしょう。ややあって態度を変え、投稿を元に戻しました。

裸の子どもの写真は通常、当社コミュニティ基準に違反し、国によっては児童ポルノと認定される。今回のケースでは、ひとつの時代を捉えた歴史的価値と国際的重要性を鑑みて、共有する価値のほうが削除でメンバーを保護する価値を上回ると判断、削除を撤回することにした。(ReCodeに発表された声明)

かくしてノルウェイと反検閲派の大勝利にて一件落着。まあ、声明にはちょっと物足りなさもありますけどね。なぜ重要なのかが抜けているし、「ベトナム戦争」のひとこともなく、ただ「ひとつの時代を捉えた」とあるだけなので。

1973年、ニック・ウトはこの作品(「戦争の恐怖」とも呼ばれる)でピューリッツァー賞を受賞しました。戦争が人間に強いる命の代償のおぞましさを伝えた点が評価されたからです。服も肌も焼かれて逃げるしかない恐怖。それを伝える写真をポルノ認定して、「区別が難しい」もなにもないよね! 削除撤回を突っぱねて「Facebookちっちゃいな…」とひとしきり言われた後で戻しても、遅きに失した感は否めないのでありました。

image below: Aftenposten

source: Aftenposten via The Guardian

J.K. Trotter - Gizmodo US[原文

(satomi)