長期的なダイエットをするなら、フィットネストラッカーに頼らない方が痩せるかも?

長期的なダイエットをするなら、フィットネストラッカーに頼らない方が痩せるかも?

身に着けるだけで満足してたのかも…。

フィットネストラッカーを使えば、ダイエットの手助けになって捗る。それはフィットネストラッカーに求める、最も重要な機能です。しかし新たな研究では、長期的な使用においては、フィットネストラッカーはダイエットによりよい恩恵を与えないことが明らかになりました。

今回、米国医師会雑誌(JAMA)に掲載された論文によると、研究者たちの予想とは異なり、長期的な減量においては、フィットネストラッカーは良い影響を与えるものではないことが判明しました。

その論文では太りすぎの人を対象に2年間、食生活や運動内容を記録するよう指示しました。条件は、半数のグループはトラッカーを使用し、もう一方は手動で記録するという方法で行いました。その結果、手動で記録していたグループと比べると、トラッカーを使っていたグループは、体重があまり減らなかったのです。

この研究の最初のステージでは、471人の肥満気味な被験者に一般的な減量プラン(低カロリーの食事と運動量の増量)を、6カ月にわたって行いました。その後はフィットネストラッカーを与えられたグループと、アクティビティをオンラインで記録するように言われたグループの2グループに分けられました。ニューヨークタイムズによると:

18カ月後、つまり研究開始から2年後に、すべての被験者は各自の測定値を見直すためにラボに戻りました。ほとんどの人が研究開始時に比べるとやせていました。(しかし最初の半年間で落とした体重がいくらかリバウンドしてしまった人も多かったのですが…)

フィットネストラッカーをつけなかった被験者たちは、研究開始の2年前から、平均して約5.9kg軽くなっていました。その一方でフィットネストラッカーをつけた被験者たちは、研究開始から、平均して約3.5kgしか減量できていなかったのです。

なんと、ダイエットを効率よく行えるはずのフィットネストラッカーをつけていた被験者の方が、2倍近くも、トラッカーをつけてない被験者と結果に差をつけられたのでした…。

このタイムズ紙の報告に対し、「私たちはとても驚きました」と述べたのは、今回の研究の筆頭著者であるJohn Jakicic博士。同博士は記事の中で、トラッカーをつけていた被験者たちの方がなぜ、体重が重かっただけでなく運動量も少なかったのか、仮説をいくつか述べています。しかしながら、フィットネストラッカーがダイエットのモチベーションに、どのように影響をするか正確に判断するには、さらなる研究が必要と主張しています。

さらにScienceDailyでは、「ウェアラブル・デバイスの影響力と、減量を目指す大人の身体活動食生活を正すためのベストな使い方について、疑問が残る」と述べています。

今回の研究結果で、ダイエットとフィットネストラッカーの先入観をひっくり返したことにより、これからも両者の関係性の証明するための研究は続きそうです。

top image by aslysun - Shutterstock

source: New York Times

Hudson Hongo - Gizmodo US[原文

(たもり)