ニューヨーク・ニュージャージー爆破事件、爆発の瞬間を捉えた映像たち

ニューヨーク・ニュージャージー爆破事件、爆発の瞬間を捉えた映像たち

一斉に携帯電話が鳴り出す異様な光景。

ニューヨーク市とニュージャージーで17日に相次いで起きた爆破事件、容疑者は19日に警察に拘束されました。普段から厳重なテロリスト対策がとられているニューヨーク市近郊なだけに、爆破事件は人々を驚かせ恐怖に陥れました。こちらはABC Newsが捉えた、ニュージャージー州エリザベスにしかけられた爆弾を、ロボットが解除作業しようとしているところで爆破した瞬間です。

そして、こちらはニューヨーク市チェルシーでの爆破の瞬間を捉えた映像。

29人の負傷者を出したニューヨーク市での爆発が土曜日のこと。そして、ニュージャージーでの爆弾が駅のゴミ箱の中に入っていたバックパックの中に発見されたのが日曜日でした。バックパックの中には5つの自作の爆発装置が入っていたそうです。「爆破物のひとつを解除している最中に爆破した。現場で処理中であった作業員にけが人はなかった」とFBIは声明を出しています。

ニューヨーク市では最初の爆発から数ブロック離れた場所でも爆破物が発見され、ニュージャージーでは土曜日の朝にもマラソンコース沿いのゴミ箱で爆破事件が起きていました。

事件自体も一大ニュースでしたが、携帯電話に向けて流された緊急通知も話題となっています。

月曜日の朝には地域の居住者の携帯電話に容疑者の名前と写真へのリンクが緊急通知としてアラーム音と共に一斉に送信されました。訳者もニューヨーク在住ですが、電車でもカフェでも、マナーモードに関係なく人々の携帯電話が一斉に緊急通知音を発した光景はかなり異様でした...。しかし、このおかげですぐに容疑者は拘束されたわけです。

このようなかたちで携帯電話の緊急通知システムが使用されたのは初めてのことのようです。犯行の動機、テロ組織とのつながりなど詳しいことが今後発表されるとみられています。

source: Twitter - ABC News, Twitter - New York City Alerts

William Turton - Gizmodo US[原文

(塚本 紺)