【職場閲覧注意】アダルトVRに見る「受動的コンテンツ」の未来

アダルトVRに見る「受動的コンテンツ」の未来

マグロstyleでも、どこまで脳を気持ちよくさせられるのか

開催するも途中で中止。企画するも地域住民の要望で会場変更。そんな逆境に負けじと、8月27日に都内某所で開催された「アダルトVRエキスポ2016」にお邪魔してきました。

2016年はVR元年といわれています。確かに、個人でも入手しやすい機材がそろってきましたし、コンテンツも増えてきました。そして新しいコンテンツビューワーは18禁なコンテンツが普及の鍵となってきたという歴史もあります。さて、VRの分野においてのアダルトデバイスアダルトコンテンツというものはどのように作用するのでしょうか。

アダルトVRに見る「受動的コンテンツ」の未来

まず気になったのは、なんとかホールに装着する震動ユニットのONASIS。ハードウェアとしては、机や窓に貼るとスピーカーになるというバイブレーションスピーカーユニットと同じものでしょう。コンテンツ内の様々なSEを震動に変換して、なんとかホールをじりじりと震動させます。アンプも内蔵しており、衣類の上から試してみましたが、なかなかのグッドバイブレーション

そして気がつきました。VR=映像ではないということに。

アダルトVRに見る「受動的コンテンツ」の未来 2

USB対応電動ホールのA10サイクロンは、まるで洗濯機のようにガッションガッションと回り狂います。しかも制御ファイル(CSV形式)で回転数、回転方向、回転時間といったモーションの設定が可能。一部コンテンツには作品の内容に合わせた制御ファイルが付属しており、我が身を任せっぱなしにできます。受動的でありたい方にはいいアイテムかと。

【職場閲覧注意】アダルトVRに見る「受動的コンテンツ」の未来 1

受動的といえば、ImagineVRにも触れねばなりません。これはVRコンテンツ販売プラットフォームサービスで、18禁コンテンツにも対応。会場には緊縛された状態で女王様に攻められるというコンテンツが体験できました。

女性の身体を模した大型重量級(6kg)ホールのリアルボディを体の上に載せ、映像に合わせて動かすと臨場感がアップ。しかし、自分の手で動かしているという感覚が残ってしまうために没入感は想像できるレベルに収まったとのこと。

そこで、実際に緊縛されているように、体験者が手を動かさず他の人がリアルボディを映像に合わせて動かしたところ

体験後も「やばかったす。武者さんがやってくれたときやばかったです」と、知らない人が聞いたら勘違いまっしぐらな感想を連呼ですよ。そんなに脳が騙されたのか。大脳がダイレクトに反応したのか。

アダルトVRに見る「受動的コンテンツ」の未来 4

会場には、センサーを内蔵したホールコントローラを用いて、実際に攻めているようにプレイできるVRエロゲーなども展示されていましたが、ホールコントローラ自体は以前から存在していたもの。展示の中には、既存のデバイスとVRを組み合わせたものも多くありました。

以前までは、バイブレーションユニットを組み込んだスーツコントローラやボンキュッボンのボディコントローラといったインターフェースを開発しないと、アダルトコンテンツの能動的な進化は見込めないのかな、と考えていました。

ただ、今回のアダルトVRエキスポで受動的なアダルトVRコンテンツ深く掘り下げていったら面白いかもしれないと感じました。映像+VR HMDだけではハマりきれず、能動的VRコンテンツと同じく別途適切なデバイスが必要になるのかもしれませんけどね。

短時間でも見ているだけでどっくんどっくんくるVRコンテンツを作るとしたらどうすべきか。アダルトVRエキスポ2016を見て思ったのがココ。視覚だけではなく触覚、そして聴覚でどう脳を騙していくかを模索するターンに、早くも入ってきたんだなと感じましたよ。

source: アダルトVRエキスポ2016

(武者良太)