アクロバティック中でもOK。声をかけるだけで撮影してくれる、Garminの4Kアクションカメラ「VIRB Ultra 30」

アクロバティック中でもOK。声をかけるだけで撮影してくれる、Garminの4Kアクションカメラ「VIRB Ultra 30」

今、今撮って!

昨年リリースしたVIRM XとXEによって、アクションカメラ市場で注目を得る存在となったGarmin(ガーミン)ですが、ネックとなっていたのは1080p(フルハイビジョン)仕様。しかし、それは去年の話。先日発表された新モデルVIRB Ultra 304K撮影可能、音声コントロールまで搭載されています。

アクションカメラで撮影したいモノ=アクロバティックな動き中は、撮影ではなくアクションに集中したいもの。だからこそうれしい音声コントロール。VIRB Ultra 30は、動画撮影開始/停止、写真撮影などを音声コマンドで操作することができます。ハンズフリー可になるので、重宝

しますね。ただ、コマンド発動の「OK Garmin」という声は動画に組み込まれてしまいますけれど。まあ、編集しだいということで。

アクロバティック中でもOK。声をかけるだけで撮影してくれる、Garminの4Kアクションカメラ「VIRB Ultra 30」2

VIRB Ultra 30の動画クオリティ4K動画/30fは、GoProの最高位機種に匹敵。ライバルから1歩先へいくために、音声コントロールの他にもフル装備で挑んでいます。搭載されたセンサーは、気圧計、加速時計、コンパス、ジャイロスコープにGPS。これらを駆使して、撮影時のスピードやペース、標高、G力、ジャンプの高さ、距離といった、さまざまなパフォーマンスデータも記録してくれます。また、WiFi、Bluetooth接続可能なので、専用のアプリを使ってライブ配信やリモート操作もできます。外部センサーにもワイヤレス接続可。さらに深さ130フィート(約40メートル)まで安心の防水ケースまでついています。

至れりつくせりの高スペックアクションカメラVIRB Ultra 30は、500ドル(約5万円)ですでに販売しています。日本の夏は終わったけれど、秋だって冬だって撮りたいアクション目白押し!

アクロバティック中でもOK。声をかけるだけで撮影してくれる、Garminの4Kアクションカメラ「VIRB Ultra 30」3

source: Garmin

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(そうこ)