Googleの自動運転車がもらい事故。原因は赤信号を無視した人間

Googleの自動運転車がもらい事故。原因は赤信号を無視した人間 1

人間。にんげん

車が全部自動運転車になれば、交通事故とか起こらんっちゃん」と言う人がいます。これは大げさな話ではありますが、自動運転車の交通事故は「安全を意識しすぎる」ことが原因という報告もあり、完全自動運転の車が普及すれば事故は大幅に減るでしょう。しかし現実はまだまだ開発途中でまたしても…

アメリカ現地時間で9月23日、Google(グーグル)の自動運転車で事故が起きました。が、これまた原因は人間の運転していた車にあったのです。

事故が起きたのは、カリフォルニア州マウンテンビューの公道。人間が運転するバンと自動運転車が衝突しました。目撃者の証言では「バンのほうが突っ込んだようだ」という声がありましたが、後にGoogleが発表した事故原因も同じ内容でした。

バンが赤信号を無視したことが原因で、Google自動運転車の右サイドに突っ込んでしまったのです。Google曰く、自動運転車側の信号は青。青になって発進するまでにたっぷり6秒はあったといいます。これはもう、完全なるもらい事故ですね。

ネタ元の9to5Googleの情報では、ケガ人は出ていないとのことですが、自動運転車の事故としてはかなり大きなモノに…。Googleは今回の事故で、「車の事故の94%は人為的ミスが原因で、だからこそ我々は自動運転車技術の開発を行なうのだ」と、さらに意欲を燃やしています。

image by Martial Red / Shutterstock.com

source: 9to5Google

(そうこ)