コジプロ小島秀夫監督が新作「デス・ストランディング」をちょっとだけ説明

コジプロ小島秀夫監督が「デス・ストランディング」をちょっとだけ説明

まだまだ明かせないことばかりのようですが……。

名作「メタルギアソリッド」シリーズでおなじみの小島秀夫監督が、「2016 PlayStation Press Conference in Japan」のステージに登壇し、新作デス・ストランディングについて大まかな説明を行いました。

まずは動画でその様子をご覧ください。

こちらはIGNの動画でした。

コナミから独立し、少しゲーム作りを休もうと思っていたのに、世界中のファンたちの要望に応えるべく作り始めたという監督。

コジプロ小島秀夫監督が新作「デス・ストランディング」をちょっとだけ説明2

「座礁」だけでなく「綱」という意味を持つストランディング

本作は世界が「なわ」的につながったオープンワールドが舞台で、4KHDRに対応したオンライン・アクションゲームになるとのことです。そして「なわ」と「棒」については、以下のような説明がありました。

コジプロ小島秀夫監督が新作「デス・ストランディング」をちょっとだけ説明3

安部公房「なわ」より

これまでゲームの世界では、プレイヤー同士やCPUを相手に「棒」で殴り合いながら進めてきました。しかし、本作は「なわ」的な要素で、プレイヤー同士がつながることが重要視されるそうです。

コジプロ小島秀夫監督が新作「デス・ストランディング」をちょっとだけ説明4

戦うプレイヤーたち

コジプロ小島秀夫監督が新作「デス・ストランディング」をちょっとだけ説明5

左はギレルモ・デル・トロ監督とノーマン・リーダス?

独立後オフィスが決まったコジマプロダクションは、これからインディーズのスタジオとなります。そのため、今後はゲームの未来次の世代のため、インディーズでも世界に通用するAAA級の作品を生み出すよう頑張って行きたいとのことです。

image: YouTube
source: YouTube

岡本玄介