「iPhone 7」&「Apple Watch Series 2」特集

Wi-Fiで手軽に環境移行。iPhone 7をiCloudから復元するには? 1

パソコンを使わない移行です。

みなさん、iPhone 7は手元に届きましたか? さっそく新しいiPhoneを使い始めたいところですが、これまでもiPhoneを使っていてそのデータを新しく買ったiPhone 7に移したい場合は、少しだけ作業が必要になります。これまで使っていたiPhoneのバックアップと、それをiPhone 7に復元する作業です。

それぞれのiPhoneがWi-Fiに繋がっているのであれば、iCloudを使ったバックアップと復元がお手軽です。こちらはパソコンが手元になくても環境を移行できるというのがメリット。

もちろん、パソコンがある方はiTunesを使ってバックアップと復元を行なってもOKですが、今回はiCloudでのWi-Fiを使った環境移行方法を解説していきますね。iTunesでバックアップ手順はApple公式「iPhone、iPad、および iPod touch をバックアップする方法」のiTunesの項目を、復元する方法は「iPhone、iPad、または iPod touch をバックアップから復元する」を参考にしてください。

また、iPhoneのバックアップと復元と同じくらい重要なLINEの保存と復元ですが、公式BlogにiCloudを利用したトーク履歴のバックアップ方法が紹介されています。そちらを事前に実行しておきましょう。

旧iPhoneのバックアップをiCloud上に作成する

iPhoneは電源に接続されていてWi-Fiに繋がっている時、定期的にバックアップをiCloud上に作成してくれます。ただし、それが常に最新とは限りませんので、現段階の状態でバックアップを作成しておきましょう。

Wi-Fiで手軽に環境移行。iPhone 7をiCloudから復元するには? 2

「設定」→「iCloud」→「バックアップ」→「今すぐバックアップを作成」とタップします。バックアップはそれなりに時間がかかります。また、写真や動画などがバックアップ対象に含まれている場合は、iCloudの無料5GBでバックアップしきれないこともあるので注意しましょう。

Wi-Fiで手軽に環境移行。iPhone 7をiCloudから復元するには? 3

その場合は、「設定」→「iCloud」→「容量」→「ストレージを管理」から現在使っている端末を選び、バックアップするデータの中から「フォトライブラリ」をオフにすると容量を節約できます。ただし、この設定を行なうと写真が保存・復元できないため、GooglePhotoなど、何か別の手段で写真をバックアップする必要があります。

パソコンがあれば、iTunesを使ってバックアップ復元すればいいんですけどね。データが大量にある場合はそちらもオススメです。

iPhone 7をiCloudバックアップから復旧する

続いて、購入したiPhone 7にデータを復元しましょう。なお、この際の手順は初めて電源を入れるiPhoneを想定しています。すでにiPhone 7がセットアップ済みの場合は、一度iPhoneをリセットする必要があります。

また今回は僕が入手したiPhone 7での手順となり、環境によっては画面や手順が異なる可能性もあります。その点、ご了承くださいませ。

Wi-Fiで手軽に環境移行。iPhone 7をiCloudから復元するには? 4

iPhone 7を起動したら、言語やWi-Fiなどの各種設定を進めます。「Appとデータ」画面まで進め、「iCloudバックアップから復元」を選択。Apple IDを入力してiCloudにサインインし、利用規約に同意します。

Wi-Fiで手軽に環境移行。iPhone 7をiCloudから復元するには? 5

「バックアップを選択」画面になったら、復元するバックアップを選択します。バックアップを作成した機種の最新のバックアップを選べばOKです。

ひょっとしたら最新iOSのインストールを求められるかも?

Wi-Fiで手軽に環境移行。iPhone 7をiCloudから復元するには? 6

バックアップした環境によっては、最新版iOSのダウンロードを求められるかもしれません。この画面が表示されたら画面の指示に従ってiOSのアップデートを行ないましょう。

なお、出荷されたばかりのiPhone 7はiOS10.0.0。一方、公開されている最新のiOSは10.0.1なので、旧iPhoneを最新のiOSに更新していた場合は、おそらくアップデートが求められるかと思われます。

僕の環境ではアップデートが終わると初期設定が開始されました。後述しますが、iPhone 7ではホームボタンのクリック設定など、新しい設定が追加されています。そんな新しい設定項目に嬉しくなりつつ、初期設定を進めていくと、アップデートが終わっただけで、復元されずにiPhoneが設定されてしまいました

アップデートと復元を同時にやってくれればいいのに…!

と、若干の不満をぐっと飲み込んでiPhoneをリセットして再度復元を試します。

iPhoneのリセットは「設定」→「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」です。

2周目! 最新iOSになったところで再度復元を試す!

Wi-Fiで手軽に環境移行。iPhone 7をiCloudから復元するには? 7

iPhoneをリセットし、再度復旧を試みます。画面の指示にしたがって初期設定を進めていきましょう。アクティベーションロックが掛かっている場合は、利用しているApple IDを入力すればOKです。

手順を進め、同じように「iCloudバックアップから復元」を選択し、iCloudにサインインします。

Wi-Fiで手軽に環境移行。iPhone 7をiCloudから復元するには? 8

あとの手順は1周目とほぼ同じです。復元するバックアップを選んで、画面の指示に従って進めていけば、復元が開始されます。

やっと復旧完了!おつかれさまでした!

Wi-Fiで手軽に環境移行。iPhone 7をiCloudから復元するには? 9

復元中はそっとしておいてあげましょう。データ量にもよりますが、長時間に及ぶ可能性もあるので、電源に接続しておいてあげるのがベストです。

Wi-Fiで手軽に環境移行。iPhone 7をiCloudから復元するには? 10

初期設定を進めます。1周目のときにも表示されたとは思いますが、iPhone 7では新たな設定項目として、ホームボタンのクリック設定があります。後々変更できますが、自分に合うように感知精度を設定しておきましょう。

Wi-Fiで手軽に環境移行。iPhone 7をiCloudから復元するには? 11

ここまで進めば完了です。お疲れ様でした! アプリはAppStoreから最新版がダウンロードされます。もうしばらくWi-Fiに接続しておいてくださいね。

長くなりましたが、以上で手順は完了です。基本的に自分のApple IDとパスワードがわかっていれば、画面の指示に従って設定をすすめていけばOKですよ。注意点としては、Wi-Fi環境が必要なこと。またiCloudに保存しきれない場合は、バックアップ対象を減らす必要があるといったところでしょうか。

この週末を使って環境移行、頑張ってください。ステキなiPhoneライフを

source: Apple 1,2,LINE公式Blog

(小暮ひさのり)