クラゲとイカからインスピレーションを得て作られた素材が秘密のメッセージに最適

クラゲとイカからインスピレーションを得て作られた素材が秘密のメッセージに最適

ユニークな着眼点が、新たな発明へと導く。

まだまだその生態が謎に満ちているイカやクラゲ。そんな海の生命体からインスピレーションを得て、一読したらメッセージが消えてしまう不思議な素材が開発されました。

コネチカット大学の研究者たちが作ったのは、イカやクラゲの皮膚のように周りの環境のある要因によって色や透明度を変えられる素材です。8月に米化学会で研究成果が発表されましたが、研究を率いるLuyi Sun博士いわく「これらの新素材は引っぱられたり水分を含んだりすると色や透明度が変わるからユニークなんです」とのこと。

例えば、クラゲの皮膚は人間の肌のように水の中でふやけたりしません。そのかわり外敵を威嚇するときに、しわをよせて不透明になるそうです。またイカは危険に直面すると、筋肉が緊縮して色素胞が広がり体色が変化しカモフラージュできるとか。

そういった特性からインスピレーションを得て、彼らは新素材を開発することに。ポリジメチルシロキサン(PDMS)の弾力のある土台にポリビニルアルコール製の薄いフィルムをおくことで、彼らはクラゲの皮膚の特性をマネた素材を完成させたのです。

前述のクラゲの皮膚は通常時は透明なので、あらかじめ素材を文字などの形にしておけば、なんにも書かれていないはずが水分を含んだときだけ、しわになり不透明な文字が浮かび上がるようになります。

研究チームによると、「フィルム内の高分子鎖との架橋結合の度合いで、しわが元に戻せるかどうかが変わってくる」そうです。架橋結合なしで作られた素材では、水分を含むとしわが出来ますが、徐々に伸びていってしわが復活することはないとのこと。つまり、読んだ後はメッセージが自ら消滅させてしまうのです。

秘密のメッセージを送る以外にも、この素材の使い道はあります。それは小売業で、電子機器の保証でまかなえるかを店員が判断するのに役立つのです。プレスリリースによると…

フィルムにある種の架橋結合があれば、水分でできたしわを消すことはできません。なので、このテクノロジーを取り入れた小さなラベルを携帯電話の内部(もしくはどんな回路基板にも)に入れられます。もし携帯がトイレに落ちたら、ラベルには(水の化学式であるH2Oなど)任意の表記のシワが出てきます。それによって販売店は、保証の範囲内かどうかがわかるわけです

透明度が変わるほかにも、色が変わる、文字が浮かび上がるなど、今回開発された素材のさまざまな動画を同大学がアップロードしています。

イカのタンパク質にインスパイアされた、服を修理できる液体なんてものの発明もありましたし、これからますます海の生物が注目されるようになる…かもしれませんね。

source: Phys.org

Carli Velocci - Gizmodo US[原文

(たもり)