iPhone 7にはポートが少ない…を解決してくれる新ケースが発売へ

結局なくされると困るんです…。

早くも発売したての「iPhone 7」ならびに「iPhone 7 Plus」を手に入れたユーザー。現実問題として、日々の使用でストレスを感じることがあるみたいですね。薄型化に伴い、ある意味で禁じ手であったはずの3.5mmのヘッドホンジャック取っ払われてしまいました。でも、いざ使ってみると、やっぱりあのジャックは必要だったかなと思わされる瞬間は少なくないのかも?

iPhone 7にはポートが少ない…を解決してくれる新ケースが発売へ2

まずは、Lightningポートへダイレクトに接続できるヘッドフォンを使えばよいとされていますが、Lightningポートが塞がってしまうので、充電用ポートに悩むことになるでしょう。次に、付属の「Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」を使えば、これまでどおりに使いたい人にも問題ないとのことですけど、それってダサいんじゃ? あっ、もう素直にBluetoothのヘッドフォンを使えばいいですって?

iPhone 7にはポートが少ない…を解決してくれる新ケースが発売へ3

レガシーポートを廃したAppleへ真っ向からの対立になりますけど、究極の解決策はこれでしょうという新ケースが、海外で話題になっているそうです。バッテリー内蔵ケースを改造し、底面左端に3.5mmのヘッドフォンジャックを追加! おまけにその右隣りには、Lightningポートが2個も用意されていますよ。

かなり反響がよかったらしく、発案したRedditor DungJohnsonさんは、この新ケースのために専用サイトまで立ち上げて、年内に49ドルで販売を開始する計画を明らかにしています。すでに「iPhone 6s」のLightningポートで繰り返されたテストは良好で、先にKickstarterクラウドファンディングで発売していく可能性すら高まってきているんだとか。

いつまでも古い3.5mmのヘッドフォンジャックを使い続けねばならない時代は終わったのだ! その信念のもと、Appleは斬新なiPhone 7をリリースしてきましたが、やっぱりこういう昔ながらのポートを使いやすくするケースなどに、一定の需要があるような気もします。

source: Imgur / DongJohnson

Bryan Menegus - Gizmodo US[原文

(湯木進悟)