無念…iPhone 7、水没は保証の対象にならず

無念…iPhone 7、水没は保証の対象にならず

無茶はさせないでね。

iPhone 7でついに搭載された、待望の「耐水/防塵性能」。IP67等級とのことで、ちょっとした水没ぐらいは大丈夫なはず…はずなんですが、Appleの公式ページをみるとちょっと気になる表記がありました。

iPhone 7とiPhone 7 Plusは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています。防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。水濡れによる損傷は保証の対象になりません。

おおぅ…適合はしているけど保証の対象にはならない、と。

確かに説明文にある通り、多くのガジェットにおいて耐水性能はいつまでも一定ではありません。経年劣化でゴムパッキンがもろくなったり、パーツ類のかみ合わせが悪くなったり、徐々に耐水性能が低下するのはよくあることです。

なお通常はこのような水没時の修理には高い修理代金がかかるのですが、Apple(アップル)が用意する保証プラン「AppleCare+」の規約を見ると、「お客様による通常の日常的な使用方法に起因する不測かつ不慮の外的事由 (例えば、落下、液体接触による損傷など) の結果である過失や事故により生じた作動上の故障または機械的な故障にのみ(修理代金が)適用されます」と説明されていました。

AppleCare+でのiPhoneの修理代金は1万1800円(税別)。また画面のみの修理は3400円(税別)と安価に行なえます。最大2回までという制限はありますが、水場に持ち出すことがわかっている場合にはこのようなサービスへの加入を考えてもよさそうです。

僕はお風呂iPhoneのために、用心してジップロックを用意しておこうかな。

source: Apple

(塚本直樹)