人生のすべてを銃で解決するVRゲーム「ジ・アメリカン・ドリーム」

すべてを銃で解決するVRゲーム「アメリカン・ドリーム」トレーラー

1956年のアメリカが目指した未来の姿。

メルボルンで小さなデベロッパーを営んでいるSAMURAI PUNKが、皮肉と風刺たっぷりのVRゲーム「The American Dream(ジ・アメリカン・ドリーム)」を発表しました。

ゾンビも敵兵士も撃たない代わりに、2丁拳銃でドーナツを食べたり、計算問題を解いたり、なんでもかんでも銃で解決する珍しいFPSとなっています。以下からティザー映像をご覧ください。

こちらはUploadVRが取り上げた、Samurai Punkの動画でした。

食事や車の運転まで銃で行うとは……。これがオーストラリア式のアメリカへの皮肉なのでしょうか?

本作ではライフルショットガンへの持ち換えもできるとのことなので、それらでどう生活をしていけるのかが見ものとなりそうです。

対応機種は主要なVRプラットフォームで、リリースは2017年を予定しているとのこと。シアトルで開催のPAX Westに出展しているので、そこで体験ができるようです。

パッケージ・アートに描かれている世界がそもそもおかしいので、非常に目を引きます。製品版にはどのくらい皮肉と風刺が盛り込まれているのか、楽しみです。

image: UploadVR
source: YouTube, SAMURAI PUNK via UploadVR

岡本玄介