桁違いでした…。野球場のナイター照明がどれだけ明るいか知ってます?

Sponsored

桁違いでした…。野球場のナイター照明がどれだけ明るいか知ってます?1

眼をつぶっても光入ってきますからね。

野球に、サッカーに、陸上に。世界最大のスポーツイベントで日本中、いや世界中が大いに盛り上がりました。そんな盛り上がりの最中、スポーツ観戦をしていた時、ある疑問が湧いてきました。

スポーツ施設で使われている照明は、どのくらい明るいのだろう?

スポーツの観戦中は、そこまで照明に注目したことはないかもしれません。でも何万人も入るような広い空間を明るくしているんですよね。よく考えたらスゴい。

ということで、そんな疑問を解決するべく、照明メーカーに協力していただき、スポーツ施設で使用している照明はどの程度明るいのかを検証してみることに。

照明の明るさを計測するために専門メーカーに突撃!

今回協力していただいたのは、各種スポーツ施設や街灯などの照明を開発しているメーカー、岩崎電気です。

岩崎電気の照明は、プロスポーツで使用される会場にも導入されています。たとえば、「横浜スタジアム」のナイター照明。

桁違いでした…。野球場のナイター照明がどれだけ明るいか知ってます?2

2015年より岩崎電気のLED投光器、照明システムが導入されたのですが、実はこれまでプロ野球の屋外ナイター設備は、HID(高輝度放電灯)が使用されていました。それが全面的にLED化されたのは、プロ野球の屋外ナイター設備では、横浜スタジアムが日本初

岩崎電気が手がけるスポーツ施設は、横浜スタジアム以外ですと、

埼玉スタジアム2002
鳥栖スタジアム
秩父宮ラグビー場
各種テニスコート、ゴルフ練習場、体育館

など。スポーツ施設以外にも、国道や高速道路を照らす道路灯観光スポットのライトアップなど、さまざまなところに岩崎電気の照明が使用されています。岩崎電気は、まさに「照明のプロ」なわけです。

今回訪れたのは、日本橋馬喰町にある岩崎電気のショールームです。ここには、岩崎電気が手がけている各種照明が、大きいものから小さいものまで、ずらりと並んでいます。

野球場・工場・道路。明るさの基準はすべて決まっている

桁違いでした…。野球場のナイター照明がどれだけ明るいか知ってます?3

まずは、照明の基本について、営業技術部照明研究課の北野貫さんにお話を伺いました。

照明設置の際に一番重要なのは、基準の明るさを満たしているかどうか。明るさの基準はJIS規格で定められています。例えば、公式競技を行なう野球場では、内野で1,000ルクス外野は750ルクスという基準値を超えていなければなりません。さらにテレビ放映を行なうプロ野球場では公式競技基準の倍近い明るさを設定しています。

工場などの施設でも、作業内容により基準となる明るさが決まっています。果物や野菜の裁断・分類ならば300ルクス自動車の車体組み立ては500ルクス印刷業で多色刷りの色検査を行う場合は1,500ルクスと定められています。

「ルクス」って何?

さて、先ほど明るさの単位として「ルクス」を使用しました。

「ルクス」とは、机や地面など、実際に作業をする場所の明るさを示す単位のこと。ある場所の明るさを計測する場合にはルクスが使われるのです。

通常、「ここ明るい? 暗い?」という場合は、ルクスを指しています。「なんか僕の机の上、暗いんだよなー」という場合は、ルクスが低いわけです。照明を近くにする、照明を増やす、もっと明るい照明に変えるなどすれば、明るくなる(=ルクスが上がる)わけです。

岩崎電気の照明器具の明るさを測定してみよう

桁違いでした…。野球場のナイター照明がどれだけ明るいか知ってます?4

照明の基本をお聞きしたところで、いよいよ本題へ。業務用の照度計を使って、岩崎電気が開発しているスポーツ施設の照明やその他さまざまな照明の明るさを計測してみます。

照明から約5m離れたところに照度計を構えて計測。計測方法はいたってシンプルです。それぞれのルクスの計測はもちろん、光の広がり方、届き方も写真で確認してください。参考までに、JIS照明基準総則によると、家の食卓は300ルクス、トイレは75ルクスが望ましいとされています。

桁違いでした…。野球場のナイター照明がどれだけ明るいか知ってます?5

まずは、商業施設などに使われるLED電球LEDioc LEDアイランプ ハロゲン電球形」です。飲食店のスポットライトなどに使われます。100Wのハロゲンランプと同等の明るさがあります。さっそく計測してみましょう。

桁違いでした…。野球場のナイター照明がどれだけ明るいか知ってます?6

近くのものを照らすのに適したライトのため、それほど明るくはありませんね。これでどのくらいの明るさなのでしょうか。

桁違いでした…。野球場のナイター照明がどれだけ明るいか知ってます?7

小数点が少々見えにくいですが、90.5ルクスです。直進性が強い照明のため、正面ならばそれなりの明るさがあるようです。ただし照射角が狭いので、部屋全体を明るくするという用途にはあまり向いてませんね。

桁違いでした…。野球場のナイター照明がどれだけ明るいか知ってます?8

2番目は防犯灯「LEDioc STREET 10VA(レディオック ストリート 10VA)」です。23m間隔での取り付けが推奨されています。

桁違いでした…。野球場のナイター照明がどれだけ明るいか知ってます?9

1.5mくらいまではかなり明るそうですが、思ったよりも遠くまでは届いていませんね。照射範囲を広くする設計になっているためでしょう。なお背面の壁のグリッドは50cm間隔です。

桁違いでした…。野球場のナイター照明がどれだけ明るいか知ってます?10

34.1ルクスという結果です。広範囲を照射する防犯灯のため、5m離れたところではかなり低照度になっています。

桁違いでした…。野球場のナイター照明がどれだけ明るいか知ってます?11

3番目は小形投光器「LEDioc FLOOD NINO(レディオック フラッド ニノ)」。ハロゲン電球75W相当の明るさを持っています。室内や屋外での展示物の照射などに利用されます。

桁違いでした…。野球場のナイター照明がどれだけ明るいか知ってます?12

狭角タイプのため、光源から1.5mくらいから明るくなっています。このような特徴を理解して、照明の設置を行なうのですね。なかなか奥が深い。

桁違いでした…。野球場のナイター照明がどれだけ明るいか知ってます?13

結果は77.8ルクスとなりました。横からの写真を見ていると暗そうですが、直接照射されているとそれなりに明るいようです。見た目と実際の計測値は、意外と違うものなのですね。

桁違いでした…。野球場のナイター照明がどれだけ明るいか知ってます?14

4番目は「LEDioc FLOOD URBANVIEW Ⅱ(レディオック フラッド アーバンビューⅡ)」です。主にサイン広告を照らすために使われる投光器です。建物の屋上などに掲げられている大きな広告パネルを照らしています。これは明るそうです。

桁違いでした…。野球場のナイター照明がどれだけ明るいか知ってます?15

おお、これはかなり明るい。部屋全体が明るくなりました。かなりの高ルクスが期待できますね。

桁違いでした…。野球場のナイター照明がどれだけ明るいか知ってます?16

824ルクス! さすがに正面に立っていると明るい。JIS規格ですとスーパーの店頭が750ルクス推奨なので、そのくらいをイメージしていただければと。一気に数値があがったせいか、体感だと数値以上に明るく感じるようです。

桁違いでした…。野球場のナイター照明がどれだけ明るいか知ってます?17

そして最後が、「LEDioc FLOOD DUELL(レディオック フラッド デュエル)」です。これが横浜スタジアムの照明に使用されているものです。

桁違いでした…。野球場のナイター照明がどれだけ明るいか知ってます?18

!! ものすごい明るい!! さすがに横浜スタジアムを照らしている照明だけあります。本気度が違います。

桁違いでした…。野球場のナイター照明がどれだけ明るいか知ってます?19

2万6000ルクスという高数値が出ました。桁違いに明るい! 普段は地上から高いところに設置されているので気づきにくいのですが、こんなに明るい照明なんですよ。横浜スタジアムには、これが660台設置されているとのこと。

桁違いでした…。野球場のナイター照明がどれだけ明るいか知ってます?20

横浜スタジアムの照明

横浜スタジアムに行く機会があったら、試合はもちろんのこと、照明も眺めてみてはいかがでしょう。そこに岩崎電気の照明があるんですよ!

ということで、さまざまな照明の照度を計測してみました。いかがでしたか?

今回は実験として少々強引な計測をしていますが、本来は快適に明るく照明するために、いろいろな種類があり、それぞれ適切なところに利用されています。

身の回りの照度をスマホ用アプリで計測!

さて、以上の実験をしたところ、普段生活している場での照明の照度も気になってきませんか?

でも、業務用照度計なんてなかなか気軽に買えるものではありません。そこでオススメなのが、手軽に照度が計測できるスマートフォン用アプリ「QUAPIX Lite(クオピクス ライト)」。実はこのアプリ、岩崎電気が開発しているんですよ。iOS用Android用があるので、さっそくダウンロードしてみましょう。

桁違いでした…。野球場のナイター照明がどれだけ明るいか知ってます?21

このアプリは、照度(ルクス)のほか、撮影した写真を解析して輝度目立ちを測定することが可能です。商品ディスプレイなどをするときに役立ちそうです。

なお、スマホごとにセンサーの誤差があるので、より良い測定には校正作業が大事。今回は北野さんと一緒に校正したiPhoneを使用しています。

ということで、さっそくQUAPIX Liteを使って、身の回りの照度を測ってみます。

桁違いでした…。野球場のナイター照明がどれだけ明るいか知ってます?22

オフィスの机に座った状態で計測してみました。300ルクスという値。JIS規格では、机上の照度は750ルクスとなっているので、暗めです。暗いとおもったことはありませんでしたが、数値で見てみると気になっちゃいます。

桁違いでした…。野球場のナイター照明がどれだけ明るいか知ってます?23

夜の街灯の下で計測。50ルクスとなりました。ちなみにJIS基準では、歩行者が歩く屋外の道路は、最低でも5ルクス、人通りが多いところでは20ルクスとされています。この計測したところは、充分明るいということですね。

ちなみに、僕が普段仕事をしている自宅仕事場のパソコンの上で計測したところ、200ルクスとなりました。うーん、ちょっと暗いかな…。デスクライトを点けた場合は350ルクス。JIS規格だと750ルクス推奨なので、かなり暗いのがわかります。

スポーツ施設の照明は、ガチだった

桁違いでした…。野球場のナイター照明がどれだけ明るいか知ってます?24

さて、今回計測した横浜スタジアムで使用されている照明は、2万6000ルクス。今回測定した防犯灯の34.1ルクスと比べると、約764倍もの違いがあります。そりゃもちろん場所の大きさの違いはありますけど、その圧倒的なサイズ感と光量には、心も目もやられましたね。

でも、明かりに照らされている編集部員の姿を見て思いました。横浜スタジアムや埼玉スタジアム2002など、プロスポーツ選手が活躍するフィールド。そこには、スポーツ選手だけじゃなくて、プロの照明メーカーがいるってことを。もちろんテレビ中継でもその明かりに照らされているからこそ、キレイな映像で見られるわけです。照明の影響って、改めて考えてみるとものすごいのかもしれません。

source: 岩崎電気

(三浦一紀)