ジャンクDNAはガラクタじゃない! どうやら背骨に関係が…

ジャンクDNAはガラクタじゃない! どうやら背骨に関係が…

背筋を伸ばして胸はって言います、僕たちはガラクタじゃないと!

ジャンクDNA、それはあっても意味がない無駄なDNA。いや、無駄というか、機能が特定されていないDNA領域のこと。ジャンクDNAなんて面白いネーミングだなぁと思っていましたが、DNA側からしたら失礼な話かもしれません。研究が進み、ジャンクDNAにも機能があるなんて話がでてきたら、「ほらみたことか!」とジャンクDNAも怒りますよ。

DNAの研究が進むにつれ、ジャンクDNAには生物進化の過程で重要な役割があったという説がでてきました。スコットランドはエディンバラ大学の生物学者Valerie Wilsonが、脊椎動物は体の大きさはまちまちなのに、種によって肋骨の本数が同じなのはなぜかと疑問を発しました。このテーマを研究するポルトガルのGulbenkian科学研究所チームが、マウスの実験である発見をしました。通常のマウスは肋骨が13ペアなのに対し、研究所で育てられたミュータントマウスは肋骨が24ペアあったのです。肋骨は背骨のほうまであり、股関節付近まで伸びていました。これは、まるでヘビのよう!

研究チームが目をつけたのはOCT4と呼ばれる遺伝子。脊椎の形成に一役買っているというOCT4ですが、これ自体には、ヘビでもマウスでもヒトでも大きな違いはないといいます。そこで、やっと目が付けられたのがOCT4の周辺にあるジャンクDNA。ヘビのOCT4周辺のジャンクDNAを、通常のマウスの胚のOCT4周辺につなぎ合わせたところ、このマウスは通常より多い脊髄を形成したのです。この実験から、ジャンクDNAには、体を形成する上で何らかの役目があるのではという新たな説を発表することになりました。

ジャンクDNAの役割に関しては、今回の研究をふまえ、これからまだまだ多くの実験や検証が必要になります。進化、変化は、1つのDNAだけで起こるのではなく、その周辺領域が引き起こすというのが、注目すべきところ。1人じゃできないことも、みんな集まればできるよ、的なね。動物はDNAレベルでも、みんなの力を合わせたいものなのかもしれません。そう考えると、この小難しい研究も、なんだか親しみが湧きますな。

image by vitstudio / shutterstock

source: Science Mag

(そうこ)