爪はどこにもいかないけど、目的がどこかへ行っちゃった。 絶対に爪が飛ばない爪切りがクラウドファンディングに

爪はどこにもいかないけど、目的がどこかへ行っちゃった。 絶対に爪が飛ばない爪切りがクラウドファンディングに

爪が飛ばないことにこだわりすぎて、本末転倒感。

KickStarterで華々しく成功を成し遂げるプロジェクトの影には、数多のくだらないクラウドファンディングキャンペーンが人知れず消えています。今回は、爪切りの永遠の悩みである、切った爪が散らばってしまう問題を見事に解決するプロダクトをご紹介します。

「Nail Capsule」は、透明の筒のゴムキャップの一方には爪切りを、もう一方には爪を入れるだけのシンプルな構造。たったこれだけで、爪を切る時に100パーセント飛び散ることはありません。飛び散らないと確信して切れるだけでストレスがとても軽減されます。また、爪切りは自分が使いやすいものを自由に選べます。なんて灯台下暗しな、イノベーティブな発明なんでしょう。

と、同時に、すっごい切りづらそう。なんでこんな筒に、わざわざ指を突っ込んで爪を切らなくっちゃならないの? 普通に切った方が早くない? もはや人間は何のために爪を切るのかと、哲学的な問いかけを示唆するような奥深い製品です。

この素晴らしい発明は、KickStarterで約38万円の資金を募集中ですが、9月6日の残り4日時点で20万ほど集まっている状態。このままプロジェクトは失敗に終わってしまうのでは。今なら約800円の支援で、この革命的な爪切りキットが数ヶ月で手に入りますよ。…まあ、いらないけどね。

source:Kickstarter

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文
(mayumine)