1,700人に怪しいリンクを送る実験。わかっていても安易にリンクを開く人々

1700人に怪しいリンクを送る実験。わかっていても安易にリンクを開く人々。

ポチッとな。

ドイツにあるフリードリヒ・アレクサンダー大学によって行なわれた実験によると、フィッシング詐欺に見せかけたメールを1,700人に送信した結果、約半数の受信者がリンクを開いたことが明らかになりました。

実験では、リンク先には大晦日のパーティーの画像があるとして、Facebookメールで偽物のメッセージを送信。リンクを開くと「アクセス拒否」というページが表示されます。

調査員は、被験者の世代によくある名前で名乗ったほか、Facebookには画像つきのプロフィールを用意しました。そして、メッセージに被験者の名前を含めたものと、そうでないものの2種類のパターンで実験は行なわれました。

自分の名前がメッセージに含まれていた場合、メールで56%、Facebookのメッセージでは38%の被験者がリンクを開いたという結果になったそうです。また自分の名前がメッセージに含まれてない場合、メールで20%、Facebookのメッセージでは40%の被験者がリンクを開いたことも明らかになりました。

調査後に行なわれたインタビューによると、被験者のうち78%フィッシング詐欺のリスクがあることを認知していたそうです。怪しいとわかっていてもリンクを開いちゃうのが人間の心理なのでしょうか...!

メッセージを受信する媒体がメールかFacebookか、さらにはメッセージのなかに自分の名前が含まれているかどうかによって結果は異なりましたが、とにかく心当たりのない人から受け取った、疑わしいリンクは開かないのがノーリスクですね。

top image by Gizmodo/Shutterstock

source: Friedrich-Alexander University via Ars Technica

Eve Peyser - Gizmodo US [原文

(Rina Fukazu)