ホラー映画の影響が強いヘヴィメタルの曲5選(70~80年代編)

ホラー映画の影響が強いヘヴィメタルの名曲5選(70~80年代編)

ヘヴィメタル界にも80'sブームが到来!?

80年代ホラー映画のテーマソングや挿入歌として書かれたハードロック/ヘヴィメタルの曲はいくつもありますが、反対にホラー映画の、特に70~80年代の作品の影響を受けて書かれたヘヴィメタルの曲も多数存在します。

今回はMETAL INSIDERがピックアップした、ホラー映画の影響が強いヘヴィメタルの曲をご紹介。

トップ画像を「ストレンジャー・シングス」風のロゴにした理由は最後にどうぞ。以降、残酷な描写のある動画がいくつかありますので、閲覧注意です。

ディーサイド:「死霊のはらわた」

「デッド・バイ・ドーン」というこの曲は、「人肉にページが挟まれた死者の書」という出だしで、ネクロノミコンに封じられた死霊が「ここから出て人間にとり憑き、生き血を飲みたい。夜明けには死が訪れる」といった歌です。

2016年の現在、テレビドラマ「死霊のはらわた リターンズ」キテる真っ最中なので、ディーサイドのリターンズな新曲もぜひお願いします。

動画:ultrabrutal666

ロブ・ゾンビ:「ゾンビ・クィーン/魔界のえじき」

ホラー映画の監督としても知られ、メタルダンスユニットBABYMETALのファンでもある、ロブ・ゾンビ

「リヴィング・デッド・ガール」のMVにはクラシック・ホラーの要素がたくさん見られますが、歌は1982年のフランス映画「ゾンビ・クィーン/魔界のえじき」がもとになっています。

動画:RobZombieVEVO

S.O.D.:「エルム街の悪夢」

曲名はそのものズバリ「フレディ・クルーガー」

「エルム街の悪夢」と言うとドッケンのイメージが定着しているかとは思いますが、S.O.D.はダイレクトに鉄の爪のフレディについて「オマエのもとにやって来る、オマエはどうするんだ? ヤツはオマエを切り裂き真っ二つにするだろう」と歌っています。

なお、S.O.D.は「ストームトルーパーズ・オブ・デス」の略で、「スター・ウォーズ」からの影響が感じられます。

動画:ThrashMetalTube

リジー・ボーデン:「シャイニング」

曲名は「レッド・ラム」なので、映画のファンはすぐに気づくはず。

ジャックがじょじょに正気を失っていく様子を歌っているのですが、いかんせん曲調がL.A.のヘアー・メタルなので、映画とはかなり印象が異なります。

動画:Heavy Dude

デス:「死霊のはらわた」

こちらはド直球に映画と同じタイトルの「イーヴィル・デッド」。まがまがしいイントロとヴォーカルが叫ぶイーヴィーーーール! デッド! が印象に残ります。

歌詞は「声が話す、今夜すべてが死すだろう、狂気が心を満たす、呼び声が聞こえる。生き血で覆われ全ての希望は失われた、永遠に腐る、死霊の力に操られるのだ」といった内容。

アルバム名も「スクリーム・ブラッディー・ゴア」と全力のホラーで、他にもイタリアのゾンビ映画「地獄の門」「ビヨンド」「サンゲリア」をもとに書かれた曲も収録されています。

動画:PPRUVIAN


大人気ドラマ「ストレンジャー・シングス」が80年代のホラー映画オマージュが盛りだくさんなことから、METAL INSIDERがその流行に乗ってピックアップした、便乗メタル5曲でした。

ホラーとヘヴィメタルは実に相性が良いことをあらためて実感します。

source: YouTube1, 2, 3, 4, 5 via METAL INSIDER

岡本玄介