Windows 10にアップグレードしなかった人へ…そのままでは次世代CPUは使えないかも。サポート対象外の方針変わらず

Windows 10にアップグレードしなかった人へ…そのままでは次世代CPUは使えないかも。サポート対象外の方針変わらず

だから「Windows 10」じゃなきゃダメなんです…。

今夏に無償アップグレードが終了してしまったWindows 10。でも、頑なに「Windows 7」「Windows 8.1」からのアップグレードを拒み続け、いまでも旧世代のOSを好んで使用しているユーザーが少なくないのが事実です。

ただ、Microsoftは、もうWindows 7やWindows 8.1のユーザーを末永くサポートしていくことはしないとの姿勢を、ますます明確に打ち出しつつあります。最初のあおりを受けるのは、まもなくリリースされるIntelの「Kaby Lake」やAMDの「Bristol Ridge」および「Summit Ridge」世代のCPUなんだとか。

新たなシリコン世代の登場にともなって、サポートには最新版のWindowsプラットフォーム必須となる。Windowsと新シリコンの高度な統合に注力することが可能になるからだ。

実は、Windows 7やWindows 8.1でのCPUサポート打ち切りをめぐっては、現行のIntelの「Skylake」世代のCPUが、来年7月までしかサポートされないとの方針が最初に発表。とはいえ、数々の批判を受け、現在はWindows 7とWindows 8.1のサポート終了日へと延長された経緯があります。もしや、次世代のCPUでも、こうした措置が講じられるのでは? そんな期待も高まるなか、上のようにMicrosoftの広報担当者が明かしたそうです。

つまり、これから発売される新世代のCPUでWindows 7やWindows 8.1マシンを使い続けたい人には、ドライバなどの正式サポートが提供されないことを意味しているでしょう。残念なことに、Windows 10以外の旧OSで新CPUを使おうとすると、起動しないことはないものの、動作が非常に不安定となり、アプリケーションの故障やOSが壊れてしまう危険性があるという専門家の見方もあります。

なお、新しいCPUを入れてまで使うつもりはないというユーザーにとっては、Windows 7なら2020年1月14日、Windows 8.1なら2023年1月10日まで、Microsoftからセキュリティアップデートなどが提供され、サポートが継続される方針です。どのWindowsユーザーも、この期限までにはWindows 10への移行を余儀なくされそうです。

source: Custom PC Review

(湯木進悟)