完成度高すぎ! コントローラー・デザイナーの職人技

完成度高すぎ! コントローラー・デザイナーの職人技

素敵なDIY知育玩具?

ちがうのです。こちらは、コントローラーデザイナーのマイク・サニコフさんあるもののテスト用にパパパっと作ってしまったミュージックシーケンサーなんです。何のテストかといいますと、アーケードゲーム用のコントローラーをデザインする際に、どのブランドのボタンがベストなのかを知るためのテスト。

マイクさんは、オンラインでコントローラーのボタンの使い心地をリサーチするだけじゃなく、実際にホリ、三和電子、セイミツ工業、Gamer Fingerなど16社のボタン購入し使ってみることにしました。

そこで、思いついちゃったんです。

この16個のボタンの見た感じ、触り心地、押し心地、エレクトロニクスのレスポンスをチェックしやすいように、ミュージックシーケンサーを作っちゃおうって。

CADで設計したあと、数時間かけてフライス加工したり、彫ったり、ペイントしたり、カットしたり、柄をエングライビングしたりして、中身のパーツを組み立てたら完成!

テスト用にしちゃ完成度高過ぎじゃない? テスト用がこんなに素敵なら、サニコフさん作のコントローラー最終版も見てみたいですね。

source: YouTube via Make

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(junjun)