NASAがトレーニングにMR導入を発表。国際宇宙ステーションが舞台のVRゲームみたいで楽しそう

NASAがトレーニングにMRの導入を発表

宇宙に行く前に予習しないとね。

現在地球を周回しながら、さまざまな実験の場として利用されている国際宇宙ステーション(ISS)。NASAはその宇宙ステーションでのミッションに向けたトレーニングに、MR(複合現実)を取り入れることになりました。

今回、NASAが宇宙飛行士のトレーニングに使うのは、VRヘッドセットの「HTC Vive」と手の動きを計測する「Manus VR gloves」、そしてISS内部を模した仮の設備です。

トレーニングの受講者はバーチャル空間に再現されたISSの中で、無重力下でさまざまなミッションを体験します。ふわふわ腕が浮かぶ中での機器の操作…なんだか難しそうですよ。

上の動画は、NASAによるManus VR glovesを利用したデモの様子です。腕の動きや手首の角度、指の動きまで精密に読み取っていることがわかりますね! さらに仮想的にさまざまなツールを使いこなしたりと、なんだか見ている分には楽しそうです。やっぱりこれ、宇宙系のVRゲームにしか見えないよ…。

グローブを製造するManus VRによると、NASAはすでにトレーニングに利用するサンプルの作成に取り組んでいます。これまで宇宙飛行士のトレーニングには多額の費用がかかっていましたが、このようなMR技術によってそのコストを削減したり、あるいはさらに質の高いトレーニングが可能になるかもしれませんね!

source: Tom's Hardware

(塚本直樹)