光害レベル別で星空を見比べてみよう

光害レベル別で星空を見比べてみよう

またも都会の明るさを自覚することに...。

何億兆もの星が空一面に輝いている空をキャンプや旅行先で観ると感動してしまいますよね。でも、都市部に住んでるとなかなか綺麗な星空を観れません。東京のはじっこでも、そんなにきれいに観えないのが現実。

じゃあ、光害のレベルの違いでどのぐらい星空に影響があるんだろ?という疑問を星や夜空の写真を撮るフォトグラファーのSriram Muraliさんがわかりやすく示してくれました。

Muraliさんは、夜天光の明るさを測るための9段階の数値スケール「ボートル・スケール」を使用しました。Class 8から9は、ネオンギラギラ&自動車の排気ガス等の汚染物質が空気中に大量に存在する都市部の空。Class 1は、これ以上ないぐらい光害フリーな状態です。

Class 8】 都会の夜空 (やはり何も見えませんね…)

光害レベル別で星空を見比べてみよう 1

Class 6】 明るい郊外の空 (ん~。まだちょこちょこっとしか観えませんね)

光害レベル別で星空を見比べてみよう 2

Class 4】 海岸の夜空 (うん。星たちが沢山見えますね。十分感動できるレベルかも)

光害レベル別で星空を見比べてみよう 3

Class 1】 砂漠の夜空 (こんなん観えたら超ロマンチックぅ!)

光害レベル別で星空を見比べてみよう 4

それでは最後に、光害レベルClass 8からClass 1までの星空をビデオでご覧ください。なにげにClass 4ぐらいから癒し映像ですよ。

source: Sriram Murali via PetaPixel

Casey Chan - Gizmodo US[原文

(junjun)