公共料金をスマホの画面表示でコンビニ払い! 新たなサービスが来年始まります

公共料金をスマホでコンビニ払い! 新たなサービスが来年始まります

個人的にはクレカのポイントを貯める派でしたが。

毎月支払う公共料金、請求書払いだと支払い用紙を紛失したりして結構面倒ですよね。あと、切り取ってはいけない部分を間違えて切り取ったり…。そんな手間とはおさらばすべく、NECと三井住友銀行公共料金をスマートフォンの画面を提示することでコンビニにて支払えるサービスを新たに開始します。

報道によると、このサービスはスマートフォンに専用アプリをインストールして利用します。

まず、NECと三井住友銀行が共同出資した新会社が、公共料金の請求情報を基に44桁のバーコードを発行し、専用アプリに送ります。そして、専用アプリからスマートフォンの画面にバーコードを表示し、レジのリーダーでピピッとやるだけで支払いが完了。また支払期日がせまってくると、アプリからお知らせしてくれます。いや〜公共料金の支払いって、結構忘れちゃうから助かります…。

さらに支払えるのは公共料金だけでなく、通信販売の代金などもOK。具体的な対応の会社などはまだ発表されていませんが、個人的にはAmazon(アマゾン)の支払いなどに使えたらいいな〜と思います。またそれ以外にも、ポイントサービスやクレジットカードとの連携もありうるそうですよ!

本サービスの開始予定時期は来年の2月。Google(グーグル)のAndroid PayやiPhoneのおサイフケータイ機能への対応も遠くないうちに始まりそうな昨今、コンビニの決済システムはますます便利になりそうですね!

top image by Georgejmclittle / shutterstock.com

source: 共同通信, SankeiBiz

(塚本直樹)