空気を読む照明。人感センサーがついたスマート照明Phillips Hue

空気を読む照明。人感センサーがついたスマート照明Phillips Hue

自動でついたり消えたりするだけではないんです。

Phillips(フィリップス)のIoTプロダクト、スマート照明のPhillips Hueシステム。パワーアップして、モーションセンサーが搭載されました。

Phillips Hue Motion Sensorは、最大16フィート(約5m)離れたところまで人の動きを感知。電気をオンにします。人の動きがないと、まず調光を5割減にしてお知らせする親切心も。誰かいる場合は手でも動かせばオッケーで、オン状態を続けます。また、ライトセンサーが組みこまれているため、照明が不必要な昼間は、人が動いても反応しないようになっています。照明の明るさや色、人が活動しない時間など、細かいことはすべてアプリで設定可能。単4電池2本で動きます。使い方にもよりますが、3年ほどもつとのこと。

発売は10月で、価格は40ドル(約4,000円)を予定。人感センサーのライトは日本のお家ではけっこう見られるものです。玄関に使われていることが多いでしょうが、ここまで賢くなりました。電球として1つから買えて、自分の好きなところに好きなように設置できるのはありがたいですね。スマート照明にPhillips、力いれております。

source: Philips Hue

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(そうこ)