時速320キロが横転。ハイドロプレーン・ボートのレースは「爆走」という言葉がピッタリ

時速320キロが横転。ハイドロプレーン・ボートのレースは「爆走」という言葉がピッタリ

いきなりフワッと浮いちゃうのね。

米国の改造車レースNASCARもそうですが、「クラッシュが醍醐味になっちゃってる」のは水上スポーツ、H1 Unlimited。なんと時速320キロを超える速度で水上を駆け抜けるボート・レース。もちろんGoProが黙って見過ごすわけがありません。こちらのビデオでは水上で時速320キロ出すのはどういうことか、わかりやすくてなんだか笑えてきます。

ここまで「爆走」という言葉が似合う動きも珍しい。この水しぶき。

時速320キロが横転。ハイドロプレーン・ボートのレースは「爆走」という言葉がピッタリ 1

両側を走るボートが作った水の壁の中を突っ切るというシュールさ。走ってる途中でパーツがひとりでに崩壊するのもご愛嬌です。

時速320キロが横転。ハイドロプレーン・ボートのレースは「爆走」という言葉がピッタリ 2

何といってもクライマックスはボートの横転。

絶対オーディエンスから歓声が上がったはず。それにしても、普通に走ってると思ったら微妙にバランスが崩れただけでフワッと浮いちゃうところがジワジワ怖いです。うっかりボートが空飛んじゃうくらいの速さってことですよね。

いやー...ボートはもっと落ち着いて乗れるのが良いです。

Andrew Liszewski - Gizmodo SPLOID[原文

(塚本 紺)