ジンの父親はやっぱり…? 「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」の前日譚を描いた小説で噂が証明される

ジンの父親はやっぱり…? 「ローグ・ワン」の前日譚を描いた小説で噂が証明される

これまた複雑な家族関係…。

12月16日(金)の公開まであと数カ月に迫るスター・ウォーズ最新作「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」。そのストーリーや主人公ジン・アーソの過去については、あまり明かされていません。しかし、「ローグ・ワン」の前日譚となる小説で、彼女の家族に関してこれまで噂されていた説が事実だと判明しました。

**ネタバレ注意**

「Catalyst: A Rogue One Novel」(触媒/変化のきっかけを引き起こすものの意味)と題されたこの小説は、ジェームズ・ルシーノ著。以前、小説「ニュー・ジェダイ・オーダー」シリーズのうちの3作、「エピソード1」の前日譚である「スター・ウォーズ 偽りの仮面」、「エピソード4」の前日譚と言えなくもない「スター・ウォーズ ターキン」、「エピソード3」の後日譚の「スター・ウォーズ 暗黒卿ダース・ヴェイダー」などのほか、スター・ウォーズのさまざまな情報をまとめた「スター・ウォーズ キャラクター&クリーチャー」なんかも書いている方です。

さて、そんなルシーノの描く「Catalyst」では、マッツ・ミケルセン演じるジンの父親、帝国軍側にいるとされるガレン・アーソに関する噂が真実であることが判明するようです。すでに公開されている本書のあらすじを見てみましょう。

戦が銀河を分裂させている。共和国と分離派は何年間も星々をまたがる戦いを続けており、この戦争に勝つためにと互いにますます危険な技術を作りあっている。パルパティーン議長による極秘のデス・スター計画のメンバーとしてオーソン・クレニックは敵よりも先に超兵器を開発する意思を固めた。クレニックの旧友であり優秀な科学者、ガレン・アーソはそのためのカギとなるだろう。

ガレンのエネルギーに関する研究には、クレニックもその敵も関心を寄せており、この科学者は銀河戦争の重要なコマとなっていたのだ。しかし、クレニックがガレンとその妻ライラ(Lyra)、若い娘ジンを分離派の誘拐者たちから救ったことにより、アーソ一家はクレニックに大きな借りができる。そしてクレニックはガレンにとてつもない機会を提供するのだった。それは資金をいくらでも使える環境で彼のエネルギーの研究を続けるというものだった。ガレンもライラもエネルギーの研究は利他的な活用がされると信じていたものの、クレニックはこれを利用してデス・スターを現実のものにしようとしていた。一家の恩人により八方ふさがりとなった状態で、アーソ一家は蜘蛛の巣のように張り巡らされたクレニックの策略を振りほどき家族と銀河を救わなくてはならない。

以前には、マッツ・ミッケルセン自らガレン・アーソ役について「宇宙を根本から変えてしまう大発明をした科学者」と発言していましたが、やはりガレンはデス・スターを作るのに携わることになるという説は正しかったようです。しかし完全に自分の意志でやっているわけではなさそうですね。

面白いのはガレンの妻、ジンの母親である「ライラ・アーソ」の名前に関しては、ほかのキャラクターたちの名前が判明するよりも前、今年1月時点で明らかになっていたということ。その時点では、Gabriele Fritzという女優/スタントのキャスティングがライラ・アーソの「ボディダブル」として記されており、これは当初「ローグ・ワン」の大きな役に違いない、もしかしたらフェリシティ・ジョーンズが演じる主人公の名前かも?と噂されていたんです。

しかし今回新たに判明した、クレニックとガレンが昔からの友達だった、アーソ一家はクレニックに恩があるというのは興味深い点です。だんだんとストーリーに奥行きが増していきますね。なお「Catalyst: A Rogue One Novel」(英語版)の発売日は11月15日となっています。

©Lucasfilm 2016

source: Stitch Kingdom

James Whitbrook - Gizmodo io9[原文

 (abcxyz