滑らかすぎるカメラスライダー「WING」であなたのビデオをハリウッドレベルに!?

滑らかすぎるカメラスライダー「WING」であなたのビデオをハリウッドレベルに!?

動き滑らか~ぁ。

コンデジやスマホのビデオ機能が改良されると、撮影の周辺機器も小型化しながら進化していきますよね。少し前にコンパクトで素早く組み立てられる三脚「StandPLUS」を発表したEdelkroneが、今回は、コンパクトな多関節アームを用いたカメラスライダー「WING」を発売しました。

WINGがあれば、三脚とカメラマンを乗せて巨大なレールの上を滑るドリーも必要ありません。なのに、あなたのビデオをハリウッドの傑作レベルまで到達させるお手伝いをしてくれるそうです...(さすがにそれはいいすぎかもしれませんが)。

折りたたんだ状態で長さ5.5インチ(約14センチ)と小型ですが、2つのセグメントが両方向にフルに伸びるので可動範囲はその4倍。重さは、約540グラム以下のカメラなら対応可能です。さらに、広角撮影してもWINGが映り込まないようにデザインしてあるので自由にフレーム構成ができますし、固定ショットの微妙な動作を表現するのにとても長けていることだそうです。

気になるお値段は250ドル(約2万5000円)。更に三脚とボールヘッドも必要となるとコストがかさんでくるけど、ハリウッドが使うような撮影機材のお値段と比べれば手の届く逸品なのかもしれません。もし、ローラースケートにカメラを固定して撮影するといった努力をしているなら、WINGでビデオのクオリティー上げてみませんか?

ちなみにWINGは手動操作型なので、「バッテリーもつかな?」とか、せっかく持って来たのにチャージしてない…といった心配は必要ないので安心ですね。

source: Edelkrone via Twitter -Stu Maschwitz

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(junjun)