さて問題。この写真には何羽の鳥がいるでしょう?

さて問題。この写真には何羽の鳥がいるでしょう?

なんかたくさんいる気もするし、1羽もいないような気もする。

オーストラリアは珍しい動物の宝庫。ほとんどがオーストラリアにしか生存しない動物です。そしてこの鳥もその珍しい動物の一員。その名も「オーストラリアガマグチヨタカ」です。ガ、ガマグチ? 待って。切るのどこですか。「ガマグチよ、タカ」じゃないですよね。「ガマグチ・ヨタカ」です。

ガマグチヨタカさん、こんな感じです。かわいいじゃ〜ん。ガマグチなんてちょっと失礼じゃ?

さて問題。この写真には何羽の鳥がいるでしょう?2

体は意外と大きくて、害虫を食べます。夜行性であり、その出で立ちから、夜にはよくフクロウと間違えられるそうです。そしてお昼には木と同化しすぎて木に間違えられることもしばしば。ということで、1番上の写真、どれが木でどれがガマグチさんかわかりましたか?

1羽はわかる気がします。4羽かな...。いやたぶん2羽! みなさん何羽に見えますか? (正解がなくてすみません)

source: Parks Australia

Bryan Menegus - Gizmodo SPLOID[原文

(リョウコ)