東京ゲームショウ2016

【TGS2016】VR空間でデートも出来ないことはない!? 「スペースチャンネル5」も復活したVR空間「リンクドドアー」 1

なにはともあれ、体験してきました。

世界各国の企業やクリエイターがとびっきりのVRの新作を持ち込み「VR激戦区」となった東京ゲームショウ2016

そんな中、携帯電話サービス大手のauを擁するKDDIが、HTCのブースで独自のコミュニケーションツールとしてのVR空間「Linked-door(リンクドドアー)」の体験会を行ないました。

Linked-door」はVR空間内で、他のVR参加者と音声通話と共にダーツなどの簡単なゲームも楽しめるという複数人参加型のVRデモコンテンツ

今回はさらに、15年前に発売されたセガの伝説的音楽ゲーム「スペースチャンネル5」が「Linked-door」の中でデモ版として復活を果たすという豪華な内容。

「Linked-door」のパートを株式会社モノビットが開発、「スペースチャンネル5 VR ウキウキ★ビューイング ショー」のパートをグランディング株式会社が開発しています。

体験してみたところ「Linked-door」自体は、「セカンドライフ」を髣髴とさせるちょっと懐かしいインターネット空間という印象。しかし、VRを空間を自由に歩き回ることができ、臨場感あるインタラクションもできるコミュニケーション・ツールなので、VR飲み会やVRデートなんていう使い方もできそうです。

そして「スペースチャンネル5」は、ゲームとしては非常にシンプルになっており、レールライド系のVRコンテンツですが、当時セガのゲームをやっていた世代としては、やはり懐かしさを感じる内容でした。

もういっそ、最新の技術で00年代のインターネットの雰囲気を全力で再現したVRコンテンツなんて言うのも面白いかもしれません。

東京ゲームショウは9月18日まで幕張メッセで開催中。「Linked-door」のブースはホール9のW-14となっております。最新なんだけどなんか懐かしい、そんなVR空間を体験してみてはいかがでしょうか。

source: 東京ゲームショウ, 株式会社モノビット, Linked-door loves Space Cannel 5特設サイト, スペースチャンネル5 VR ウキウキ★ビューイング ショー, グランディング株式会社

傭兵ペンギン