東京ゲームショウ2016

【TGS2016】腕に電流を流し、触感を与えるVRコントローラー「Unlimited Hand」にシビレた 1

「VR元年」を通り越し、もはや「VR戦国時代」への風を感じた東京ゲームショウ2016

様々なVRデバイスで会場が溢れかえる中、最高にエッジだったのがH2L社の腕用VRコントローラー「Unlimited Hand」。

「Unlimited Hand」 1

こちらは腕に取り付けると、センサーがその動きを読み取り、腕や指の筋肉を電気で刺激して強制的に動かすことで、擬似的に触感や衝撃を与えるというコントローラーです。

「Unlimited Hand」 2

今回はそんな字面だけではちょっと怖い「Unlimited Hand」を体験させていただきました。

「Unlimited Hand」 3

まず最初に試したのは、鳥が手に止まるというデモ。手を動かして鳥を呼ぶと、手に止まり、その重さを擬似的に感じることができるという内容です。まだ重さとはちょっと違う刺激だと認識できるものの、限りなく近い感覚を味わえました。

手に乗った後は鳥がひたすら腕を突っつき続け、リアルかつ地味な痛みが走るというのも面白かった。こういう適度な刺激も、ゲームの没入感を向上させるために有効な手段かもしれません。

続けて体験したのは、銃を使う射撃デモ。人差し指などを連続で動かすことで、銃弾が飛んで行くというこちらもシンプルな内容です。こちらも銃を撃った時に発生するであろう衝撃が、腕に生じるというのが楽しい。一般的なゲームコントローラーのバイブレーションとはベクトルの違う衝撃が感じられました。

「Unlimited Hand」 4

また、デモを始める前の調整にほとんど時間がかからないというところにも驚かされます。こういうところにストレスが発生せず、不特定多数が代わる代わるプレイしていくのに耐えうるというのもVRをアトラクション的に利用する時には重要なポイントとなるのではないでしょうか。

「Unlimited Hand」 5

ちょっと痛さはあるものの、それがエッジでちょうどいい気もするコントローラー「Unlimited Hand」は、現在Amazonで2万4090円で販売中

東京ゲームショウは9月18日まで幕張メッセで開催中。「Unlimited Hand 」のブースはホール7のW-29となっております。普通のコントローラーじゃ刺激が足りないという人は、ぜひこの機会に試してみてはいかがでしょうか。ちなみにデモは整理券制ですので、お早めに足をお運びください。

source: 東京ゲームショウ, H2L, Amazon

傭兵ペンギン