東京ゲームショウ2016

PS VRで「バイオハザード7」の世界に心置きなく浸かってきました

懐かしのあのゲームの記憶もよみがえる?

9月15日から18日まで、幕張メッセで「東京ゲームショウ2016」が開催されています。一昨年から昨年にかけて、Oculus Rift、PlayStation VRとVRの登場で新たなゲーム時代の幕開けかと心躍らせましたが、今年は複数のメーカーでVRのゲームが出てきており、いよいよゲームのジャンルとしての地位を確立させてきたのではないでしょうか。

そこで、最も注目されているVR対応ゲームのひとつ、カプコンの「バイオハザード7 レジデント イービル」を体験してきました。

今回展示されている体験版「ランタン」では純粋にVRでの動きを体感するためか、攻撃のアクションはできず、「歩く」「走る」「しゃがむ」(しゃがみながら、じりじり移動もOK)といった基本的な動作のみ使用可能で、物陰に隠れつつ敵に気づかれないように逃げながらゴールにたどりつく、という内容でした。

3D的な体感でバイオハザードというと、初めてのバイト代で購入したPS Oneとガンコンとソフトを思い出します。2000年にプレイステーションで発売された「バイオハザード ガンサバイバー」をプレイした時のことを!

当時としては3次元的にバイオの世界を体験できる新鮮なもので、非常に楽しくプレイをしたものです。ただ、確認できようもないナナメや後ろから突然敵が出てきて「こんなの対応できるわけがないでしょ!」とフラストレーションがたまることも多々ありました。ダメージを受けた方向に思わず顔を動かしてしまうのです。当然、敵が見えるなんてことはなく「今の技術では仕方がないよね」とも思ったものです。

今回プレイしたVR版の「バイオハザード7」では、「これがあれば、もっと世界に入り込めるのに」と当時「~ガンサバイバー」をプレイしていて残念に感じていた部分が見事に解消されていました。360°首をまわして状況を確認できますし、何か音がすればその方向を見て瞬時に反応できます

もちろん、映像のきれいさに関してはヘッドセットを通す都合上、テレビの画面を見てプレイをするのと全く同じとはいかないようですが、視覚と聴覚による映像的な美しさによる怖さか? 全体を体で感じられる怖さか?で、ゲームとしては違った切り口でどちらも楽しめると思います。

「バイオハザード」シリーズは「3」くらいまでは謎解きアドベンチャーの特性が強かったですが、その後はシューティングゲームの特性が強い印象があります。でも、今回の体験版では、旧作ファンならおなじみの「影絵の謎解き」があり、ニヤリとしてしまいました。VRという最新の技術をつかいながらも、どことなく懐かしさを感じる部分もあるので、シリーズのファンも楽しめそうです。

PS VRで「バイオハザード7」の世界に心置きなく浸かってきました2

もちろん下にも反応できます

そしてVRというと視覚に注目が集まりがちですが、動作に合わせてコントローラーも振動します。床上から床下に飛び下りて左右を確認しながら前進していくという一連の動作の際に衝撃が感じられるので、よりリアルさが増します。視覚+感覚と単に要素が追加されるのではなく、視覚×感覚で臨場感が倍増する形です。

個人差もあると思いますが、少し残念だと感じたのはリアルな分、映像と体感がずれると考える余地が発生して、「これってどういうことなんだろう?」と現実に引き戻されてしまうところ。

たとえば、ものを投げつけられた時に「あたった」「離れた」で瞬間的に振動を感じられるのはリアルですが、ぐりぐりとものを押し付けられるなどは、振動では表現しきれないため、違和感がありました。これは、VRを通していないプレイではきっと気にならないと思うので、VRがリアルだからこその違和感かもしれません。

また、前述の通り体験版は攻撃アクションがなく、物陰に隠れて回避する「逃げゲー」でした。扉や木箱の陰に隠れて敵をやり過ごしている際、思い出したのは過去に同じくカプコンから出た良作「DEMENTO」(Murasaki51より)。

これは非力な少女が謎解きをしながら敵から隠れて逃げ回る3人称視点のゲームでしたが、1人称視点でリメイクしてもらえないだろうか?と感じていたので、その願いがかなったかのような気分になりました。今回は体験版だったからだとは思いますが、ぜひ「逃げゲー」も作ってほしい! 自分自身に攻撃力がないというのもリアルですから、VRと相性がいいと思うんです。

とはいえ、今回プレイしたのは「バイオハザード」なので、やはり敵をバッタバッタ倒さなくては! 敵から逃げる基本的な行動だけでもこれだけ楽しめるのですから、完成版が待ち遠しいです。

東京ゲームショウは9月18日まで幕張メッセで開催中。「バイオハザード7」のあるカプコンのブースはホール4のN50です。

source: 東京ゲームショウ2016, YouTube1, 2, 3, 「バイオハザード7 レジデント イービル」公式サイト

(今井麻裕美)