東京ゲームショウ2016

【TGS2016】視線ひとつでここまで体験は変わる。アイトラッキングシステム搭載VRヘッドセット「FOVE」

スナイプ力が上がる(かもしれない)。

2016年9月15日(木)〜18日(日)の4日間、幕張メッセにて「東京ゲームショウ2016(TGS2016)」が今年も開催されます。

今年はVR元年ともいわれ、PS VRをはじめとする数多のVR関係のブースが軒を連ねており、もうどれから体験したらいいものかという状態。その中でひとつ個性を放っていたのが「FOVE」です。

アイトラッキング搭載のVRヘッドセット FOVE

「FOVE」は株式会社FOVEが開発した、アイトラッキング(視線計測)搭載の視線追跡型VRヘッドセット。「なるほど、視線でアレコレできるVRか」とぼんやりイメージしていたんですが、実際に体験してみると視線ひとつでここまで体験は変わるのか、と驚かされました。

Project Falcon プレイ画面

ブースではアクションシューティング、ホラー、ミニゲームの3つのゲームが試遊可能。今回試したのはアクションシューティングの「Project Falcon」。なんとこのゲームを手がけたのはビョーク×VRに関わったVRテクノロジー開発企業のREWINDとのこと。そう言われちゃ試さないわけにはいくまいぞと。

はじめにアイトラッキングのキャリブレートをする以外は一般的なVRヘッドセットと同様の使用感。しかしこの視線を検知するという要素がまぁ新体験で、照準合わせを視線で行なえるんです。移動キーなぞ不要、軟弱。全て視線とショットボタンのみで操作可能ッ。

動画で見るとこんな感じ。緑色の丸が照準、つまり僕が今見てるところです。

このエイム操作は移動キーやマウス操作より一段と直感的で、気分はまるでシモ・ヘイヘ。画面の端から端でも一瞬で視点を動かしてスナイプできます。ある程度のブレはありますが、そこは集中して敵を見たり適宜キャリブレーションすることで対応可能。Wii Uのジャイロが近い感じですね、目標にガっと移動して照準を合わせるというのは。

【TGS2016】視線ひとつでここまで体験は変わる。アイトラッキングシステム搭載VRヘッドセット「FOVE」 1

視線を追う、それだけでこうもVR体験が変わるとは。肉体とゲームがよりリンクするような、そんな不思議なプレイ感がありました。2016年11月3日より公式サイトで販売が開始されます。FOVEブースはVRコーナーの9-W08にありますので、ぜひ会場で一度体験してみてください。

source: FOVE, 東京ゲームショウ2016

ヤマダユウス型