東京ゲームショウ2016

【TGS2016】渡り歩け、仮想現実ッ! 気になったVR関連ブースまとめ

仮想世界を巡る!

今年はVR元年ということで、現在開催中の東京ゲームショウ2016の中でも特にVR関連のブースが注目されています。この、ハードウェア黎明期ともいえる時期はなんともいえない過渡期な雰囲気があって趣深いものです。

アイドル電流カードゲームホラーなどなど、今年は本当に多くのVRコンテンツが発表されました。どれもVRゲーの一言でくくるにはあまりにも個性が強すぎて、これジャンル分けするとしたら大変だろうなと老婆心ながら思った次第です。というかVR×アイドルってジャンルが確定しそうなのもすごいことよ。

そんなVRブースの中から、いくつか気になったものをざっくりふんわりピックアップして紹介したいと思います。まずは積木製作の「BLAST×BLAST」。

TGS BLAST×BLAST

HTC Viveを装着し、コントローラーを両手に、迫り来る敵を撃破していくアトラクション形式のシューティングゲームです。攻撃方法がショットとレーザーソードの2種類から選べ、それに応じて立ち回りも異なるというのが面白い。

お次はその右側に展示されていた、講談社によるVR Idol Stars Project「Hop Step Sing!」。とにかく可愛い。

TGS 講談社ブースHop Step Sing!

アニメ「シドニアの騎士」を製作したポリゴン・ピクチュアズがVRミュージッククリップを手がけており、やはりその美麗さは目を引くものがあります。ダンスモーションも非常になめらかで、アイドルたちが手前に寄ってくるシーンではリアルに照れてしまうほど。

VR×アイドルの引き出しはまだまだ安泰だなと期待がもてますね。

こちらは株式会社よむネコが開発したVR脱出ゲーム「エニグマスフィア~透明球の謎~」。

TGS よむネコブースのエニグマスフィア~透明球の謎~

同じVR空間にいる誰かと協力して進むというコンセプトで、試遊している人たちはお互いがゴーグルで見えない中でなんとか意思の疎通をはかろうと頑張っていました。マルチプレイとVRは相性も良さげですし、このジャンルも伸びしろは充分。

そしてこちらは待機列も長かった電通サイエンスジャムの「脳波VR」。

TGS 電通サイエンスジャムブースの脳波VR

あの、脳波で動くネコミミ「necomimi」を開発したところといえばハっとする人も多いでしょう。その左に見えるのはたゆらうのVR脱出ゲーム「LAST LABYRINTH」。膝上ショートパンツな少女と共に脱出に挑む紳士なアドベンチャーです。

TGS KING OF PRISM by PrettyRhythm VR握手会 撮影会 1

TGS KING OF PRISM by PrettyRhythm VR握手会 撮影会 2

こちらは皆さんご存知キンプリこと「KING OF PRISM by PrettyRhythm」のVR握手会&撮影会。プリズムスタァの一条シンくんとVR内で触れ合うことができる、プリズム煌めきが詰まった夢のような装置です。

TGS KING OF PRISM by PrettyRhythm VR握手会 撮影会 3

無限ハグだって飛んできます。やばい全裸になってしまう。

TGS ブースでVRを楽しむ人たち

こんな風に複数人でVRを試遊する広めのスペースも用意されていましたが、天井から吊るされたケーブルとゴーグルがかもしだすテクノロジー依存窟の様相もかなり良い塩梅です。これがTGSの一角だというのがまた良い。ワビサビ。

総じて思ったのは、これからのVRコンテンツはもっと細分化してもっと多様化していくだろうな、ということ。アイトラッキング機能をもったVR「FOVE」もそうですが、今はVRにどんな+α要素を差し込んでいくかというところにきている気がします。もう立体で見れるのは当然。じゃあそこからどう料理していく?

いずれはTGSもVR内で体験できるようになるやもしれませんね。そうなれば自宅から出ずとも最新タイトルを遊ぶことができるワケで、なんならVR京葉線に乗ってVR幕張メッセに行くところまでやってしまったらもう何が現実で何が仮想だって感じで。

source: 東京ゲームショウ2016

ヤマダユウス型